とある1日

朝っぱらから変なのみ満員電車で絡まれたりした、とある日。
(もうよっぽどの事がない限り、朝7時台の電車には乗りたくない。全員馬鹿みたくピリピリし過ぎ!)

a0152253_1538947.jpg

久々の午前中からスタジオに入って撮影。
中川さん、SASU TEIさん、豊田さんと一緒に。
CDジャケットですね。
翌日うんこが真っ黒になるという大惨事を招く(撮影小道具で余った)イカスミスパゲティを一人バクバク食尽すほどにいい撮影でした。

a0152253_15392498.jpg

夕方、久々に事務所へやってきたイナツキ先輩。
a0152253_15394790.jpg

「ちょっと面白い顔してみてよ」
というリクエストに、かなり抑えめな表情で応える彼、成長の後がヒシヒシと感じられます。
(勿論、「どーすか?面白いでしょう、僕?」というオーラを発しますが、そこは完全に無視)

a0152253_15412179.jpg

夜、sotokenの打合せをやってる新鵜飼邸へ潜入。
スタイリスト岡部氏とサクッと仕事の確認。
カメラマンイガちゃんへは恐縮なお願い。
そして相変わらずオシャレ過ぎる物件をゲットしたジェリー氏にはうんざりすぐ程の冷やかし。

a0152253_15443417.jpg

〆に鵜飼さん&イガちゃんと宮崎台の北京へ。
食べログで結構いい評価のこちら、先兵隊として潜入していたゴリの評価を人づてに聞くと「たいした事ない」との事だったけどれも(僕がたまに行く近所のラーメン屋に連れて行くと、店主を目の前にして「まぁこりゃぁ具合のいいインスタントラーメンですね(断言)」とかって言い出す、「久地の火薬庫」として名高いゴリ氏のグルメ批評は切れ味抜群)、実際に評判の担々麺を頂きました。

ズバリ、「悪意と間違えさえなければこの世に不味い食べ物はない」がモットーの私ですが、一生のうちに食べれる食事の回数があと何回あるのだろうか。。。って事を考えると、この店での正解は「焼き餃子3人前と瓶ビール下さい」だった事をご報告差し上げたいです。


帰路自宅までイガちゃんに送ってもらいながら、週末名古屋&大阪に行けない恨み節を吐き続ける38歳の秋。

ちょっと余裕が出てきました。


おしまい。





TACOMA FUJI RECORDS / Lodge ALASKA
Twitter Account : TACOMAFUJIO
by tacomafuji | 2012-10-08 15:56 | 日々雑感 | Comments(0)
<< 教科書に載ってないUSA語録 ... Have a Nice Day! >>