10/20.sat_柿島再び

バッチリ休める週末ほど素晴らしい時間はない。
a0152253_2023048.jpg

遊ぶぞーーーっ!

a0152253_2022474.jpg

ある程度クタクタになると、なんか結構凛々しくなっちゃった。

午後、家からすぐの横浜美術大学の学際で五木田さん&角田さんがトークショーをやる、との事だったので奥さんと一緒に遊びに行って来た。
a0152253_2025633.jpg

が、何故か前に出てシャアシャアとしゃべってる俺。何やってんだ!
角田さんと五木田さんのトークを楽しみに来ていたみなさん、どーもすみませんでした。
(ホントはなーんとも思ってないけど)

トークショー終了後、「せっかくここまで来たんだから」って事で「ここがかの有名な伊藤誠さん宅です」と、誠の家の前を通って町田柿島屋へ。
a0152253_20318100.jpg

おっさんになればなるほど鉄板で気に入ってもらえるこの店。
角田さんも五木田さんも気にってくれたようでよかった。
多分2人は全然覚えていないと思うんだけど、僕的には結構大事な仕事の相談もさせてもらったしいい時間でした。

「場所を変えよう」と言う事で向かったのは、一番鶏。
a0152253_2032394.jpg

焼き鳥80本を800本でチャージしたり、鶏の足が店の前におっこってたりと、どちらも20年以上前の出来事ながら全く色褪せないエピソードてんこ盛り&平均点な味で落ち着く店だ。なのだけど、この晩通された2階は何故か外国人ゲストを迎える北朝鮮みたいな無駄な多幸感に溢れる落ち着かない部屋。まぁいいか。この店で呑んでる頃から、わざわざ広尾からアンダース合流。「ナベちゃん、アンダースと喧嘩すんなよ」とか「ちゃんと仲直りしなよ」とか言われながら(そもそも喧嘩してないし仲わるくないよ!)それとシンクロするように私の記憶はまだらに飛んで行ったわけだねぇ。。。

どうやってこの店出たのか、どうやってお会計したのか全然覚えていないのだけど、次の瞬間に記憶に残っているのはこの瞬間。
a0152253_2033127.jpg

角田さんと「おやじ」でラーメン喰ったのは覚えてるんだよなぁ。
「美味いね!これはわざわざ喰いにくる奴いるかもね。後引く味だ」と言われたのまで覚えてる。
で、次の瞬間ふと気がつくと朝4時過ぎに獅子丸と家のソファで寝ていた。
ゔぁーーー、全然覚えてないや。

奥さん曰く、
「ラーメン喰った後、五木田さんとアンダースは近くのバーで呑んでるけどどうするかって話になったら、「獅子丸もいるし帰る」と言ってバスで帰宅。「もう寝てんだからそっとしておきなよ!」と止める奥さんの静止を振り切って深夜に近所をフラフラ獅子丸の散歩(勿論話しかけながら)。とどめに帰宅すると「ブランケットかけると寝ちゃうから絶対にかけんなよ!」とブツブツ言いながらソファの上で秒殺高いびき発動開始。。。」
という、何ら目新しさも面白みもない、ただの定番酔っぱらいムーブのオンパレードで撃沈していたらしいです。

もうファッキン・穀潰しですね。

先輩って大事です。



おしまい。





TACOMA FUJI RECORDS / Lodge ALASKA
Twitter Account : TACOMAFUJIO
by tacomafuji | 2012-10-22 20:06 | 日々雑感 | Comments(0)
<< 10/21.sun_日曜日 10/19.fri_no title >>