11/6.tue_TACOMA DAY3

「タコマフジ」というのはもともと「タコマ富士」と呼ばれていて、カフェ・ラッテのパッケージにも載っているマウント・レイニアの事。そんなワシントン州タコマに大学1年の途中と2年の時の約2年間住んでいた事があります。今回ポートランドに来るにあたって、どうしても行きたかったのがタコマ。奥さんには「一人で運転して行くの?ホントに気をつけてよ」と釘をさされ、ポートランドでGの助手席に乗っていても道を全然覚えていない上に右車線の運転に愕然としていたのだけど、

「15年だか16年ぶりに来たんだろ?これで行かなかったらまた15、6年後悔するぞ。東京で運転してんだろ?そんなもんお前、ポートランドもタコマも運転なんて楽勝だよ馬鹿野郎(相当意訳)」

ってことをGに言われたのでやっぱり行ってきました。
ホテルから歩いて行けるレンタカー屋で車をピックアップして出発。
最初の5分くらいは、どうしても左側に寄ってしまう運転にビビりまくっていましたが、その後勘をとりもどしてからは全然楽勝でした。
a0152253_15314697.jpg

こんな道(完全にTWIN PEAKSの世界。曇りと木々と霧)を延々と2時間以上ひたすら進むと、タコマ到着。

曇ってるし、霧雨みたいのずっと降ってるし、軍人は沢山いるし(近くにベースがある)、工場と中古車屋がやたらとあるし、声のデカい黒人の学生も大量にいる、笑える程に昔のままのタコマでした。
a0152253_15354055.jpg

10代の頃通っていた学校。
a0152253_15383719.jpg

駐車場に鹿。
a0152253_1539779.jpg

友達もいた、よく遊びに行っていた隣の学校。
a0152253_15384437.jpg

a0152253_15385160.jpg

典型的なタコマの街並。

a0152253_15391439.jpg

よく行っていた、学校のすぐ近くにあるチャイニーズ(オヤジは声がデカくてメチャクチャ口の悪い韓国人)。

着いてから思ったのだけど、ズバリ言うといい思い出が殆どないタコマに何の為に行ったのだろう。
タコマは17年か18年ぶりにいったけど、あの陰鬱とした空気というか、閉塞感のある空気というか、さすがに隣町でカート・コバーンがグランジってムーブメントを作り出しただけの事はある、TWIN PEAKSの空気感が漂う、ダメオーラムンムンながらなんだか不思議な街だった。

赤ちゃんは泣いてばかりいるので別ですが、今考えると物心ついてから(幼稚園くらいから)の泣いた回数のうちの8割くらいはここですごした時間だった気がします。とても辛い時期だったけど、僕も若かったから、いろんな経験をさせてもらった感謝しなくちゃいけない場所です。多分、こういう思いを明確にするために行って来たんだろう、きっと。

やっぱり行ってよかった。
でも、もしまた行く事があるなら今度は一人で行きたくない。
色んな思い出を、笑い飛ばしながら話せる奥さんや友達と一緒に行きたいもんです。





TACOMA FUJI RECORDS / Lodge ALASKA
Twitter Account : TACOMAFUJIO
by tacomafuji | 2012-11-08 16:23 | 日々雑感 | Comments(0)
<< 11/7.wed_PORTLA... 11/5.mon_PORTLA... >>