DEAD DRUNK

a0152253_1591612.jpg

a0152253_1591427.jpg

DEAD DRUNK designed by Tomoo Gokita

毎晩の深酒で最後の記憶はまだらに喪失。
強烈な異臭と二日酔い。無くした記憶と猛烈な後悔。
そんな経験が深く刻み込まれた、酒呑みの情念ほとばしるTシャツ、「DEAD DRUNK(ベロベロの泥酔、の意)」。
二日酔いあけの湯上がりにも丁度いい1枚。
通常プリントよりもエイジングが楽しめるフロッキープリント仕様。
デザインは五木田智央によるもの。

Tomoo Gokita 五木田智央
1969年東京生まれ。画家。
作品集に『ランジェリーレスリング』(リトルモア刊)など。
国内でのカルチャー、ファッション、ミュージックビジュアルを多数手がける。
2000年代中盤より海外のギャラリーを中心にアーティストとして活躍。
近年のニューヨークやロサンゼルスでの展覧会も『The New York Times』のアート・レビューをはじめ、
高い評価を受ける。 2001年ニューヨークADC金賞受賞。
作品集に『ランシジェリー・レスリング』(リトルモア)、『OH! 天国』(アートビート・パブリッシャーズ)、
『シャッフル鉄道唱歌』(天然文庫)など。
www.tomoogokita.com

a0152253_1510340.jpg

a0152253_1510792.jpg

僕はメッセージTが正直好きではないです。
「WAR IS OVER」とかって書いてある奴なんかは一番苦手。どういう意味なんだろうなぁと思ってしまう。Tシャツって着てる人の趣向や主義なんかを端的に表現できるものだからこそ、テキストで表現するメッセージがプリントされる場合はどーでもいい事じゃないとくすぐったくて着れない。

そんな半端な考え方のタコマフジが今夏自信満々でりりーするのがこのDEAD DRUNK Teeだ!
ババーーーーン!

うだるような暑さになるに決まっている今年の夏は、昼間っからこのTシャツ着て汗かきながら
ビール、ビール、レモンサワーでホッピーも下さい、な勢いでをグイグイやっつけたいですよ私は。

a0152253_15203089.jpg

a0152253_15202724.jpg

フロッキー・プリントも着てくうちにはげるだろうし、白いTシャツは黄ばむだろうし、黒いTシャツはあせてくると思います。が、その頃が丁度具合が良い気がします。

ホワイトボディブラックボディの2カラー展開。

ホントでベロベロのおっちゃんとかに着てほしい極上の仕上がりです。

これはいいぞー。




TACOMA FUJI RECORDS / Lodge ALASKA
Twitter Account : TACOMAFUJIO
by tacomafuji | 2013-05-09 15:30 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)
<< 5/10.fri_今日の1枚 KEN2D SPECIAL >>