MAPLE NINJA GEAR designed by Jerry UKAI

a0152253_13594149.jpg
a0152253_13594477.jpg
a0152253_13594731.jpg
a0152253_13594983.jpg
a0152253_14000328.jpg
a0152253_14000993.jpg
a0152253_14001391.jpg
a0152253_14001682.jpg


MAPLE NINJA GEAR designed by Jerry UKAI


SIZE : XS〜XL

COLOR : GRAY / BLACK

PRICE : ¥5,000 + tax


1970年代より音響技術師としてモジュラー系アナログシンセを制作し続けてきたハンター・ラッドが、

2004年にニューハンプシャーにある自宅のガレージで始めたアウトドア・ガレージメーカー。

ラッドはレイ・ジャーディンが92年に出版した「PCT Hiker Handbook」に強い感銘を受け、

長年制作し続けてきたオリジナル・アナログシンセを大幅に軽量化と簡素化し、結果として氏が作る音楽

(ラッドは音響系作曲家として7枚のアルバムをリリースしている)にもその影響が強くみられる。

MNGもレイ・ジャーディンの提唱するULスタイルを取り入れた超軽量ギアをメインに制作している。

ビート・禅の流れをくむニンジャシリーズ(全てのギアはマットブラック塗装が施される)は

予約してから納品されるまで1年以上待たされるほどの超人気商品。

*このストーリーはフィクションです。



タコマフジへは過去数々のTシャツデザインを提供、最近ではGO OUT・SOTOKENやHUNT等の

コラム執筆や石川顕氏とULTRA HEAVYの立ち上げと、劇的に増えるタトゥ同様絶好調気味のジェリー鵜飼氏。

今期はホントにありそうでない、いや、よく考えたらあるわけがないMAPLE NINJA GEAR Tシャツをドロップです。


グレイボディにネイビープリントはタコマフジ鉄板の配色。

ピグメント染めのネイビーはエイジングも楽しめる1枚に仕上がっています。

果たしてMAPLE NINJA GEARからのアイテムリリースはあるのか?

(ノープランながらなんとなく煽ってみる)



サイズ感に関してですが昨季からマイナーチェンジをしています。

ザックリとお伝えすると、1サイズ程ではないにせよ、昨年までのボディよりも大きくなっています。

「タコマフジのTシャツ、サイズ感小さめ」という声を頂いていましたが、そのあたりが解消されているかと思います。

具体的には実寸表記サイズを必ず参考にして下さい。


*ウォッシュや染めといった加工をしているので、表記サイズからは1〜2cm程度の誤差が生じる場合があります。

予めご了承下さい。





by tacomafuji | 2014-04-08 14:01 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)
<< BEER FITNESS de... 4/8.tue_今日の1枚 >>