11/30.sun_1964年のジャイアント馬場


a0152253_14173389.jpg


深夜までかかって読了。

これ、子供の頃からプロレスを観てた僕にはなーんの問題もなく読めたけど、
そうでない人には読み進むのはちょっと厳しいかもしれない。
けど、馬場のスネークな部分と鶴田のリーマン体質をやり玉にあげるあたり痛快です。

そして、天龍の覚悟や輪島の悲哀が語られているのも素晴らしい。
猪木の狂気さ、非常識さ、そして色気とアスリートとしての資質も最高。
本書の中で語られるいくつかの試合動画を紹介。





三沢と鶴田の第一ラウンド。
高校1年だったなー俺。




今観ても鮮烈なキッドスミスxマレンコ兄弟。




本書で紹介されている全盛期に限りなく近い66年の馬場。


ちなみに本の装丁(師岡さんワーク!)も素晴らしいです。





by tacomafuji | 2014-12-01 14:43 | 日々雑感 | Comments(0)
<< 12/1.mon_今日の1枚 11/30.sun_今日の1枚 >>