NO MORE BEER designed by Noriteru Minezaki


a0152253_23201491.jpg
a0152253_23215403.jpg
a0152253_23201717.jpg

a0152253_23202632.jpg
a0152253_23215132.jpg
a0152253_23202878.jpg

a0152253_23204010.jpg

NO MORE BEER designed by Noriteru Minezaki


販売価格:5,400円(税400円)

カラー:BLACK / ICE GRAY

サイズ:XS~XL


大学生のアルコール依存症が深刻な問題となっているフロリダ州では

重犯罪刑務所と隣接して若年層向けの更生施設が散見される。

そこでは刑務所から囚人をゲストに迎え、大音量のダンスミュージックをバックにビクビクしつつも

和気藹々飲み続けるというショック療法が施行され、飲酒癖更生や二日酔い予防、

その治療として効果が注目されている。

このTシャツは更生施設INSTITUTE OF HANGOVER CURES & PREVENTION 」公式ユニフォーム。

フロントには収容されている学生が海辺で毎朝5万回絶叫しながら復唱することでお馴染みのキャッチコピー

「NO MORE BEER」をプリント。

黒ボディは収容者用ユニフォームのレプリカ、アイスグレイはスーベニアショップで販売されているもの。

が、結果としてこのTシャツをドレスコードにするパーティが開催されるなど、


飲酒愛好家達が好んで着用する皮肉な結果となっている。

*このストーリーはフィクションです。


Noriteru Minezaki峯崎ノリテル

1976年箱根生まれ。((STUDIO))主催。

2000年代前半からアートディレクターとして各方面にて活動。

http://www.studiostudiostudio.com/



そもそもはビクターで働いていた頃にHiGEのアートディレクターをしてもらったのがきっかけで

そのあとトラックスへ一緒に行って温泉でメチャクチャやったりしてたのがもう10年以上前

今は大手アパレルメーカーのカタログやSPECTATORのAD等、幅広く活躍しているお馴染みの峯くん

そうそう、俺がお手伝いできなかったBAWDIESのジャケットもやっていたっけ


そんな峯くんには「ロゴや看板のようなイメージのアートワーク」

というテーマでお願いした気がするのだけど、数回やり取りをした挙句着地したのが

このNO MORE BEER

MORE BEER ではなく、あえてNO MORE BEER


a0152253_23201956.jpg
a0152253_23203257.jpg


上記テキストも踏まえてご理解頂けると幸いです
バックプリントは小さめのサイズになった場合は袖までプリントが入る予定です
イメージはあくまでも収容者のユニフォームなので、
なるべく適当に作ってある雰囲気を真面目に再現したいと思っています

a0152253_23510874.jpg
a0152253_23511181.jpg
プリントはあえて油性でこってりとプリントしています
BEN DAVISのワークシャツとかにプリントしてたら格好よさそう

これを着用して朝まで痛飲した後は喉から血が出るまで
NO MORE BEER 復唱5万回は忘れずに

いい具合に解釈して、格好良く着てくれたら最高です

販売は今月末から

押忍




by tacomafuji | 2016-04-18 23:54 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)
<< 4/19.tue_もうすぐGW 4/18.mon_3歩進んで2... >>