信頼できる人と仕事をする事


このニュースをみてふと思った

若い頃は下北沢店によく行っていた。
郊外のショッピングモールとかにも出店するようになって、失礼ながら
「子供だましのような商品ばかりだな」と思うようになり、
久々に行ってみた下北沢店も、若い頃に感じた
「今まで知らなかった、面白いものがたくさんある」という印象は希薄になってしまった

かなり前に、一時だけタコマを置いてもらった店舗があった
「タコマ用のブースも作るし、雑然とした状況にならないように誠意販売させてもらいます」
あまり前向きじゃなかった僕に店長は何度も情熱を持って連絡をくれた
「販売したら店頭の写真も送ります!」と言っていたのに、
その連絡がない事に気付いたのはしばらく経ってからだった
期日までの入金も滞り、こちらから連絡をすると「その店長は退社しました」との事
退社とか知らない 約束は守らないといかんだろう
この事があったからだろうか、あまり好意的な印象を最近は持っていない
数年後、別の店舗から連絡を頂いた際にこの時の事を説明してお取引を遠慮させて頂いた
俺はスネーク並みに粘着質な性格でもある

情熱がある人と仕事をするのは楽しい
お互いに共鳴しあっていい仕事になる事が多いと思う
ただ、稀に相手の情熱に応える形で仕事をしても裏切られることがある
「あいつのために頑張ったのに」「あいつが誘ってきたらから乗ったのに」
そんな言い訳をしたり、人を嫌いになるのは面倒だし、
そんな奴のために時間と労力を割いていたと思うと激しく自己嫌悪になる

「俺はね、もう本当に信頼できる人、騙されてもいいやと思える人としか仕事はしない!」
先日酒の席でそんな話をしていたら「そんなの当然だろ」と同席してた数人に言われた

俺のスネークな部分もまだまだのようです
そう思いながら
「レモンサーくぁさい」と呂律の回らない状態でお代わりをしたのでした




by tacomafuji | 2016-08-27 12:08 | 日々雑感 | Comments(0)
<< 8/27.sat & 28su... 8/26.fri_GOING ... >>