6/7.wed_IN BBQ WE TRUST Teeのご案内

a0152253_13101049.jpg
a0152253_13100693.jpg
a0152253_13101440.jpg

IN BBQ WE TRUST designed by Jerry UKAI

COLOR : WHITE

SIZE : S〜XL

PRICE : ¥5,400 (tax in)


宣教師として東京にやってきた米国オレゴン州ユージーン出身のCasey McKeag (ケイシー・マッキーグ)。

ある日友人に誘われた多摩川の河川敷で行われたBBQパーティに参加した俺は、日本で独自に発達したBBQに触れ、

自らが幼少期から慣れ親しんできたBBQとの違いに驚愕する。

ほんの切れ端のようにカットされた肉を2本の棒(お箸)を使って器用に口に運ぶ様が奇異に写ったのだ。

何よりも彼が嘆き悲しんだのはBBQを楽しむ若者達のマナーだった。日頃は礼儀正しく規律を重んじる日本の若者が、

集団になると他者の迷惑を顧みずに騒ぎ、ゴミを放置し、無責任に振る舞う様を観てケイシーは誓う。


「彼らを啓蒙しなくてはならない」。


「IN BBQ WE TRUST」をスローガンに掲げ、社会規範に富み、穏やかで仲間を大切にし、

高度な知性・徳性を有する者のみが入会を許される「HOUYHNHNM HEPCAT GRILL CLUB」を結成。

日夜BBQの素晴らしさを伝える活動を開始した。


ケイシーの啓蒙活動は功を奏し、BBQ愛好家のマナー向上に貢献した反面、住宅密集地域のベランダや

マンションの屋内、新宿御苑等、アグレッシブ且つ非常識な場所でのBBQに非難が集中。

彼の特徴でもある無駄にデカい笑い声から「そもそもお前が一番うるさくて迷惑」という批判や、複数の女性問題も発覚、

「結構ろくでもない野郎だな」「お前に説教されたくねーよ」「偉そうな事言ってるけど女の趣味はイマイチ」

という、実際これが自分だったらと思うと本当に気の毒なバッシングの中ケイシーの活動は失速。


現在ケイシーはCLUBの活動から距離を置き布教活動から移動式今川焼屋に転身。

CLUBは同じ名前を有するウェブマガジンの有志スタッフにより東京を拠点に2017年より再始動している。

*このストーリーは120%フィクションです。



ということで、青天の霹靂とでも言いましょうか、オシャレやファッションから一番遠くに

ポジショニングしているつもりだったのですが、光栄にもHOUYHNHNMさんからご指名を頂き

HOUYHNHNM初のオフィシャルTシャツを作成させて頂きました。

上記ストーリーは正式に採用されるか否かは置いておいて、まずはタコマフジの脳内メッセージ程度にご理解下さい。


小牟田さんのブログにも記載がありますが、販売は今週末のCAMP BOOK会場からとなります。

さらにさらに、HOUYHNHNMさんのご好意もあり、今週末山口で開催されるPlainでのタコマフジPOP UP STOREでも

少量ですが販売をさせて頂くになりました(やったぜ)。



こちらも是非、宜しくお願い致します、押忍。



by tacomafuji | 2017-06-07 22:49 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)
<< 喝采 / ちあきなおみ 6/6.tue_高円寺第4のスポット >>