SAUCONY x TACOMA FUJI RECORDS “TACOMA JAZZ”のご案内

a0152253_17220150.jpg
a0152253_17221071.jpg
a0152253_17402816.jpg
a0152253_17221468.jpg

SAUCONY x TACOMA FUJI RECORDS

“TACOMA JAZZ”

Price : ¥13,500+tax



SAUCONYの代表的モデルJAZZTACOMA FUJI RECORDS別注モデル「TACOMA JAZZ」。

ショーツでもデニムでも、おろしたででも使い古しでも

タウンユースでもキャンプでも、居酒屋でもフェスでも

欠けていた最後のラストピース SAUCONY CREEKから東京まで



GREENROOMの月岡さんから「ナベさんに紹介したい人がいるんですよ」と言われ、何も考えずに指定された渋谷のオフィスへ。

そこで紹介された方から「SAUCONYのスニーカーを作りませんか」という青天の霹靂のような

オファーを頂いていからもうすぐ1年。

嘘みたいな話ですが、TACOMA名義のスニーカーが販売されます。


TACOMA FUJI RECORDS初のフットウェアは、19世紀から続く最古のアスレチックブランド、

SAUCONYの代表的モデル、JAZZ。制作進行時、慣れない仕事だったので一歩一歩丁寧に進める上で

「なーんかこんなカンジのがいいんすよ、ねぇ、いいよねこれ!?」

というノリ一発でやるのではなく(当たり前だよ)、SAUCONYサイドの方々へのプレゼンテーションも含めて

コンセプトを決めて作成していました。ぼんやりとだけ着想を言ってしまうと、

単純なレプリカ的なところではなく、どこかに「懐かしさ」や「郷愁感」のある仕上がりにしたかったのが1つ。

もう1つはなるべく今現在のトレンドを気にしないこと。そして最後の1つはタコマ流の解釈で

「SAUCONYらしい仕上がり」にすることでした。ここ、結構大事だと思っています。

TACOMA JAZZは最先端のテクノロジーを結集したスニーカーでもないし、コンフォートを追求したモデルでもない。

機能面において突出した部分はないけど、「具合がいい」スタンダードと呼べるモデルだと思っています。

一方、本国アメリカと違い、日本国内においてはシェアが大きいとは言い難いSAUCONY。

それは言い換えると、「数少ないオルタナティブ(代案、既存のものに変わる新しい選択)」としての

魅力が残された、数少ないブランドだと思っています。

そんなスタンダードとオルタナティブという相反する価値観がいい具合に同居している。。。

そこがこのスニーカーの魅力だと思っています。


。。。なんてウダウダと書いていますが、面倒な事は考えず、直感的に「いいな!」と思ってもらえたらそれが一番です。

価格も抑えめだし、モノ自体は最高に具合のいい仕上がりになっています。

(8割嘘で塗り固められたこのブログにおいて数少ない本当の話です)


こちらこちらでも紹介頂いています。

しっかりとスペック等についても記述があるので是非ご覧頂けると。


販売は6月2日土曜日より。

TACOMA FUJI RECORDS HPでも昼頃から若干数取扱いますが、以下の店舗でも

2日土曜日より随時取り扱って頂く予定です。


モアレ

オダ理容室

WORKS.

LIFESTORE

BUFFALO

FUSSA GENERAL STORE

めぐる

PLAIN

redtriangle

fridge setagaya

ROUNDS

BILLY’S

BEAMS T

SHIPS

RELUME


宜しくお願い致します。




by tacomafuji | 2017-05-26 18:13 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)
<< SAUCONY x TACOM... 5月28日はYES GOOD ... >>