SIM_Tshirt

SIM_Tshirt
(Designed by Tomoo Gokita)

a0152253_1231849.jpg

a0152253_1232980.jpg

a0152253_1241540.jpg


「すごいTシャツ着てるね!?」
「誰この人?」
「うわ、似てるね〜このイラスト。。。でも誰?」
色々な事をこのTシャツを着てる時に言われたけど、「自分も欲しい、着たい」的な事を言われた事がない、ある種「悲しき天才」セッド・ジニアスのようなTシャツ。未だかつてこのTシャツを着ている人と会った事がないけど、このTシャツのモデルになってるケリー・フォン・エリックみんな知らないのかな。このイラスト、似てるってレベルではなく、まんまケリー。ダラスの名門エリック一家の三男ケリー。NWA世界ヘビー級チャンピオンとして日本に来ようとしていた時、始めて本気でプロレスを観に行きたいって母にねだった。9歳くらいだったかな。とにかくかっこ良かったケリー。大ファンだった。「世界のプロレス」で観たダラスでのフレアーとの試合、ゴングで結果は知ってたけど興奮した。当時新日に来た時の映像観ると笑えるくらいプロレス下手だけど。

a0152253_11594653.jpg


写真は左から長男ケビン、次男デビッド、三男ケリー。
あれ?おかしいな。。。全然だせぇよケリー。恥ずかしいくらい無防備な田舎モンの白人顔丸出しじゃん。まっ、そのバタ臭さが当時の僕にはたまらない魅力だったのかも。ちなみに真ん中のデビッドは来日中にキャピトル東急で急死してます。晩年は「呪われたエリック一家」の名に恥じず、事故で足首から下を切断した後もリングの上で活躍していたものの、最終的には自分で命を断ってしまったケリー。レスラーの末路ってホントなんとかならないかな。

で、Tシャツ。
そんなケリーへの思い入れを全く感じさせない能天気な表情が最高。そのくせバックプリントが妙にかっこいい。もー意味分かんないよー。

笑うしかない、そんなTシャツだけど最高だなこれ。フライングリズムスに勝るとも劣らない逸品といっても過言ではない。ってやっぱ過言かなそれは。まぁどっちでもいいや。

とにかく私は大好きです。
by tacomafuji | 2009-12-29 12:06 | Tshirt | Comments(0)
<< 12/29.tue_CDJ&忘年会 KENDO NAGASAKI_... >>