カテゴリ:TACOMA FUJI RECORDS( 421 )

Sensation designed by Kiyotaka Sumiyoshi のご案内

a0152253_09022948.jpg
a0152253_09023215.jpg
a0152253_09024054.jpg
a0152253_09024300.jpg

Sensation designed by Kiyotaka Sumiyoshi


COLOR : BLACK / ICE GRAY

SIZE : XS〜XL

PRICE : 5,400(tax in)



波動関数で今すぐイっちゃう皇帝五次元瞑想

わたしは3日で覚醒しました

詳しくは、ここをタッチ

*効果には個人差があります



盛夏を迎えたこのタイミングでリリースする新作Tシャツ、今回はNY在住気鋭の映像作家、

住吉清隆による「Sensation」を紹介させて頂きます。

昨年五木田さんの個展のタイミングでNYに行った時、横山くんのお店で会ったのが最初だった。

あの夜はテイさんやコンピューマ松永さん、キキさんも偶然通りかかったり中川さんまでいて、リアル呉越同舟ないい夜だった。

帰国後の年末、次は住吉くんが帰国しているタイミングに仙川駅前でやっていた忘年会で2度目の遭遇。

そこで初めて作成した動画を見せてもらってそのクオリティに大ショックを受ける。なんだ君は!勢いそのまま、年明け早々に

Tシャツを正式発注。春にはほぼ完成していたアートワークが盛夏を迎えたこのタイミングでいよいよ登場です。






春先に公開された、制作ディレクションを手掛けたミュージックビデオ(必見!ミックスCDも勿論最高)は

Tシャツアートワークの期待値をパンパンにするには十二分なクオリティ。そして完成したのが

今回紹介するこのTシャツです。古いのか新しいのか、全く分からない出来栄えが素晴らしい。

Sensational mesmarizing imperial massage。NYか東京で会いましょう。


7月21日金曜日21時からHPにて販売開始予定です。

宜しくお願い致します。




by tacomafuji | 2017-07-19 09:46 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

COW ABDUCTION RESEARCH STUDIO Tシャツのご紹介

a0152253_19232039.jpg
a0152253_19224964.jpg
a0152253_19233582.jpg
a0152253_19242764.jpg

TACOMA FUJI RECORDS監修
COW ABDUCTION RESEARCH STUDIO
designed by Jerry UKAI



世界中で頻発している原因不明の牛の誘拐、COW ABDUCTION。

真贋は不明ながら、その瞬間を捉えた映像すら存在するものの未だに科学者がその真相を究明し続けている超常現象の1つ。そのCOW ABDUCTIONに特化した世界で唯一の研究所が東京に存在する事は90年代までは殆ど知られていなかった。武蔵野市の閑静な住宅街にひっそりと佇む「COW ABDUCTION RESEARCH STUDIO (通称CARS)」には世界中の事例とその詳細がアーカイブ化されており、一部の映像資料は一般にも公開されている。2000年代に入り、当時館長を務めていた榊原瑠偉がオカルト雑誌「アステカ(現在は廃刊)」の編集長を務めていた事が発覚、社会的信用を垂直落下的に失うきっかけとなった討論番組での「でもUFOはいるんだから」の名言と供に退任。後任に就いた、現在も館長を務める戸口雄作の就任当時の年齢(14歳)と就任会見の際に発した「すみません、耳が遠いものですから」という発言やその不遜な態度から年齢詐称疑惑も囁かれた。現在は館長の他に白人の男女がスタッフとして常駐しているが、経歴は非公開。館長が2013年のスタジオ創立45周年式典の際にメディアの前で語った「彼女の名前はスカリー、彼はモルダーです」という不用意な発言により「こいつマジ何なの?ふざけてるでしょ」という烙印を押されているが、欧米の駐日大使が常任理事を務めるなど国外からの信頼は厚く、国内と国外で大きく評価が分かれているのも特徴。2003年頃からはスタジオの地下を在留外国人対象のイベントスペースとして貸し出しており、来日アーティストのリハーサルで使用される機会も多い。その際に記念として購入・着用していたスタジオのTシャツが海外のファンの間で話題となり、訪日外国人からは東京の土産として重宝されていた。このTシャツは2003年~05年頃まで販売していた初期ロゴTシャツ復刻バージョン。

日本では牛好きを公言しているシンガーソングライター藤原さくらが愛用している事でも知られている。


text by Tacoma Fuji Records

*このストーリーは勿論フィクションです。

*タコマフジのTシャツではなく、アーティスト・マーチャンダイズです。




SNS等で既に告知が開始されていますが、この度藤原さくらのマーチャンダイズTシャツ

を作成させて頂く機会に恵まれました。旧知のスタッフからの紹介で、昨年から何度か本人にも

お会いする機会に恵まれ、マーチャンダイズのTシャツ作成の依頼を頂きました。

本人にもインタビューした上でデザインをジェリー鵜飼さんに依頼。

牛好きを公言している彼女とタコマフジの親和性を鵜飼さんに具現化してもらった形になります。

7月21日、22日の藤原さくら東京公演会場にて販売予定です。


よかったら是非。

宜しくお願い致します。




by tacomafuji | 2017-07-17 20:11 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

TACOMA FUJI RECORDS IS HERE NOW at 代官山蔦屋のご案内


a0152253_13083673.jpg

7月18日火曜日から、昨年に続き代官山蔦屋にてポップアップストア
「TACOMA FUJI RECORDS IS HERE NOW」を展開致します。
そう、まさかの2年連続ギャラリースペースをご提供頂きました。
今夏の新作は勿論、ANTONIO SPECIAL新作群やキャップも、
「在庫のあるものは全て」展開予定です。

a0152253_13162319.jpg
a0152253_13161974.jpg

またイベント時のみ販売していた手ぬぐいも特別に今回販売予定です。
予価1,500円(税別)

a0152253_13165775.jpg
a0152253_13173793.jpg

さらに、昨年に続き30部限定(ナンバリング入り)のシルクプリントポスターの販売も行います。
予価8,000円(税別)

a0152253_13194258.jpg
a0152253_13194581.jpg
a0152253_13194761.jpg

さらに、今回の代官山蔦屋ポップアップストア限定のTシャツとして
LETTER PRINT Teeの販売も行います。これは具合のいい自信作です。
予価5,000円(税別)

a0152253_13171033.jpg

いよいよ盛夏ですが、是非お近くまでお越しの際はお立ち寄り頂けると幸いです。
宜しくお願い致します!




by tacomafuji | 2017-07-12 13:25 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

「Modern Sadness / 仲良しバンド」Tシャツのご案内


a0152253_14132902.jpg
a0152253_14133140.jpg
a0152253_14132091.jpg
a0152253_14132345.jpg

Modern Sadness / 仲良しバンド designed by Ryohei Kazumi

COLOR : BLUE / WHITE

SIZE : XS ~ XL

PRICE : 5,400 (tax in)



 Modern Sadnessは1977年の数ヶ月間だけ活動した5人組のコミックバンドである。

ミニアルバム「仲良しと夜明けの朝に」を発表し解散した。この「仲良しと夜明けの朝に」はカルト的人気を誇ったが、メンバーについての一切の情報がなく、解散済みを伝える手紙に添えられたデモテープを面白がったレコード会社が発売しただけで、バンドについての情報は長らく齎されなかったが、発表から25年後の2002年にマッドジャズの創始者であるアンディ桑原が自伝「曙光」において、自らがModern Sadnessのフロントマンであったことを認め、それまで謎に包まれていたバンド結成の秘話を語り、CD盤が発売されたことも手伝ってか広く周知されるに至った。

 今回は「曙光」を補助線としつつ、アンディ桑原にとってModern Sadnessとはなんだったのかを考えていきたい。桑原を知る読者諸兄においては退屈な回となってしまうかもしれないが、2010年代も後半に差し掛かる今こそ、若い世代に桑原が開拓したマッドジャズ、そしてその始まりであるModern Sadnessというバンドの存在を知ってもらうきっかけとなれば幸いである。


 アンディ桑原は青森の農家に5人兄弟の末っ子として生まれる。上の兄弟とは年が離れており溺愛されて育つが、生まれつき体が弱く、酷く内向きな性格だったことから父親のスパルタ教育によっていくつもの運動をさせられていたという。そんな桑原を見兼ねた祖父、彌次郎が自身の趣味でもあったサックスを勧めたことから、音楽にのめり込んでいく。桑原の代名詞であるマッドジャズはサックスの先に農作物を挿した演奏方法から、観客が野菜についた泥とその狂気染みたスタイルからつけたものである。使用する野菜は主に実家から時期に合わせた旬で新鮮なものを取り寄せており、野菜の出来に納得できず演奏を中止することもあり、農作物に対する並々ならぬ想いを持っている。[1]

ライブ終了後にはバンドメンバーや観客に、使用した野菜を使った料理を振舞う。

60本のゴボウをサックスに挿して演奏した89年の「根っこじゃないのよ米兵さん」を生涯ベストアクトのひとつとみる識者も多い。(Live In San Franciscoに収録)


 Modern Sadnessに話を戻そう。「仲良しと夜明けの朝に」発表の77年はピンク・レディーの躍進やキャンディーズの解散、プレスリーの死去といったトピックの中、ポピュラーミュージックは円熟を迎えファンクや、やがて来るディスコブームを待つ年でもある。桑原がマッドジャズとして人気を博すのが80年代の終わり頃であるため、この頃はアンダーグラウンド(土の中)で研鑽を積んでいた時期にあたり、その演奏スタイルも独特なものである。桑原のサックスに合わせてメンバー四人のおしゃべりが延々と流れ、その会話は取り止めがなく、会話が通じない箇所も多い。哀感を誘うサックスのメロディーラインがギャップを誘い、巷ではコミックバンドと分類されていた。特に紅一点である女性の甲高い声が特徴で、コアなファンからは「キャンちゃん」の名で親しまれていた。以下は、収録曲である。


Modern Sadness / 仲良しバンド

「仲良しと夜明けの朝に」

1 20時の時計台で

2 所詮愛して

3 君の陽炎

4 ぼくがいる

5 仲良しと夜明けの朝に


桑原の自伝「曙光」にてModern Sadness結成、解散の顛末、そして女性の声が亀倉サラ[2]であったことが語られている。その暴露とも取れる内容に怒り狂うファンも一定数いたそうだが、これぞ桑原と自伝発表後のライブツアーは完売が続いたそうである。その核心となる部分を桑原はこう述べている。


 サラと別れた後、俺は悲しみにくれ何もする気にならなかった。半年くらいは死んだように生きていた。でも、ある日サラがフルヌードジャズとかいうストリーキングに影響を受けた阿保なバンドを始めたと聞いて、馬鹿馬鹿しくなったんだ。そこから俺はサラのストリーキングを俺なりに解釈した曲を作ろうとしたんだ。俺たちが付き合った3年を乗り越えるためにも、そしてサラにだけ分かる決別のサインとしてな。あいつを丸裸にしてやろうって魂胆ももちろんあった。それで俺はサラと付き合っていた頃に内緒で録音していた会話を使って曲を作り始めたのさ。メンバー5人といっても実はサラ以外の声は全部俺の声なんだ。

(中略)若気の至りで作った曲だったが、楽しかったんだ。その頃からかな、

自分の内に眠る感情と向かい始めたのは。[3]

  

 自らの内に眠る狂気との付き合い方を模索始めたのがModern Sadnessの始まりであり、失意を癒す目的で作られたバンドであることが語られている。そしてバンドの名前とは裏腹にメンバー5人などおらず、たった独りで作り上げた決別の曲に「仲良しと夜明けの朝に」という皮肉の効いた題名をつけるという、この上なく泥臭くそして酷く歪んだ男の悲哀が見て取れる。今回紹介しているアートワークは桑原がデモテープとともにレコード会社に送ったものであり、オリジナルのジャケットにも採用されている。サラ以外のメンバーは顔が判別できないほどに歪み、怪物であるかのような顔のパーツが増殖したり、肥大している。桑原はModern Sadnessの音楽が酷く歪んだものであると心のどこかで理解していたのではないだろうか。その想いからあのアートワークを制作したのではないだろうか。残念ながら「曙光」にはアートワークについて語っている部分はなかったため、真実はわからない。だが、Modern Sadnessがアンディ桑原の原点かつ極北だったことは明白で、やがてマッドジャズを開拓する男の萌芽を感じることができるだろう。

 次回はModern Sadness後の桑原、昭和から平成への歩みに迫る。


[1] 1993年の冷夏によって引き起こされた米騒動の際にはタイ米の稲をサックスに挿して演奏し、

加熱するタイ米バッシングを批判した。

[2] 亀倉サラは日本のアーティスト。前衛芸術やフルクサスを独自に解釈し、

メンバー全員がフルヌードで演奏するストリーキングジャズキングを主宰。

[3] アンディ桑原「曙光」, 2002

第5章 仲良しバンドという出発点 P.167~168


texi by Takaaki Akaishi




数見くんと初めて会ったのは、数年前のギャラリートラックスだったと記憶している。五木田さんの個展で、鵜飼さんと五木田さんと一緒にトラックスに到着すると既にギャラリーにいた数見くんを五木田さんが紹介してくれた。当時五木田さんの所属するギャラリーでバイトをしていた数見くんはありがたいことにタコマのことを知ってくれて、その時をきっかけに面識を持つようになり、彼の主催する架空のミュージアムストア、ENTERTAINMENTのファンになった。SNSを通じて新作リリース情報を探し続け、ART BOOK FAIRまでプロダクトを購入しに足しげく通うこともあった。

そしてこのタイミングでTACOMA FUJI RECORDSから数見くんによるTシャツを正式リリースする運びとなりました。注目すべきはそのアートワークの強度とともに、狂気のレベルにまで昇華された赤石さんのテキストだ。こんなの勝てるわけがない。僕がやりたかったこと、やりたいことの更にずっと上をいくこの狂気の沙汰ですよこれは。


Uインターの如く革新的かつ武闘派。遂に引っ張り出せた彼らの新作Tシャツは

7月16日(日)20時頃よりHPにて販売開始予定です。





by tacomafuji | 2017-07-11 14:34 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

BABERUTH IRONWORKS / wcc works・principle and applicaton HP取り扱いのご案内


以前ブログでも紹介したBABERUTH IRONWORKSのTシャツ
wcc works / principle and applicatonのTシャツをタコマフジHPでも販売を開始致します。

a0152253_15051117.jpg
a0152253_15051430.jpg

BABERUTH IRONWORKS

designed by Jerry UKAI


ゴツい体躯と物怖じしない態度、それに相反するナイスガイぶりや、

都内各所に散りばめられたクレジットされないいい仕事連発ぶりで

様々なジャンルからのオファーが絶えない鉄職人・太田拓見のプロジェクト・ネーム、BABERUTH IRONWORKS。

個人的に鵜飼さんにデザインを依頼して作成したこのTシャツが、ご覧の通り予想以上にかっこ良くなってしまったので

各所の了承の元、少量ですがTACOMA FUJI HPで販売致します。



a0152253_15011317.jpg
a0152253_15011619.jpg

a0152253_15251445.jpg
a0152253_15251185.jpg

PRINCIPLE & APPLICATION

designed by Jerry UKAI


山口県を中心に建築業を営み、週末は植物を中心としたライフスタイルストアPlainを主催する、

「生活の質と豊かさ」を問い続けるwcc works.。

wcc worksの提唱する「原理と応用(Principe & Application)」はテコの如くこの世の全ての原理原則。

代表・岩光氏は誠実さと隠しきれない柄の悪さを同時に撒き散らしながら本日も過激に営業中(のはず)。

そんなwcc worksに対しても、頼まれてもいないのに完全フライングで鵜飼さんにデザインをしてもらって

Tシャツにしてしまったタコマフジ。

負けず劣らず、こちらも完成度高めです。こちらも快諾頂き少量ですが販売致します。



どちらのTシャツも、HPでの販売は7月8日土曜日20時からとなります。


最近は滅多に作らないけど、こういう友達のプロダクトを作るのってとても楽しい。

是非、宜しくお願い致します。





by tacomafuji | 2017-07-06 15:22 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

Lodge ALASKA CAPのご案内

a0152253_12480305.jpg
a0152253_12483052.jpg
a0152253_12483344.jpg
a0152253_12483646.jpg
a0152253_12484327.jpg

Lodge ALASKA CAP
designed by MATT LEINES
PRICE : 5,940 (tax in)
SIZE : FREE


GOOD BEER DRINKING TEAM同様、昨年プライベートプレス的な展開で小ロット作成した
こちらのキャップも今夏正式リリース致します。
安心のネイビーキャップ、敬遠しているわけではなく、大好きなので勿論作成します。

全国のお取り扱い店及びHPにて7月1日土曜日から販売開始予定です。
追加生産の予定はないアイテムです。
興味のある方は是非お早めに購入を御検討下さい。

宜しくお願いします、押忍押忍押忍っ!。



by tacomafuji | 2017-06-22 12:59 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

GOOD BEER DRINKING TEAM CAPのご案内


a0152253_12385954.jpg
a0152253_12392998.jpg
a0152253_12395936.jpg
a0152253_12402983.jpg
a0152253_12415282.jpg

GOOD BEER DRINKING TEAM
designed by Shuntaro Watanabe

PRICE : 5,940 (tax in)
SIZE : FREE


昨年プライベートプレス的な展開で小ロット作成したGOOD BEERキャップですが、
今夏はTACOMA FUJI HEADWEARとして正式リリースです。
配色も能天気なカンジがして具合がいい。

全国のお取り扱い店及びHPにて7月1日土曜日から販売開始予定です。
追加生産の予定はないアイテムです。
興味のある方は是非お早めに購入を御検討下さい。

宜しくお願いします、押忍押忍。



by tacomafuji | 2017-06-22 12:45 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

I HAVE A SKULL CAPのご案内


a0152253_12264841.jpg
a0152253_12273477.jpg
a0152253_12280490.jpg
a0152253_12284740.jpg
a0152253_12291804.jpg

I HAVE A SKULL CAP
designed by Hiroshi Iguchi

PRICE : 5,940 (tax in)
SIZE : FREE


I HAVE A SKULL。
世界共通で一番多く共有できる自己主張とは。

全国のお取り扱い店及びHPにて7月1日土曜日から販売開始予定です。
追加生産の予定はないアイテムです。
興味のある方は是非お早めに購入を御検討下さい。

宜しくお願いします、押忍。




by tacomafuji | 2017-06-22 12:36 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

TACOMA FUJI LOGO HERRINGBONE CAPのご案内


a0152253_11552756.jpg
a0152253_11551606.jpg
a0152253_11552192.jpg
a0152253_11552423.jpg
a0152253_11551901.jpg
TACOMA FUJI LOGO HERRINGBONE CAP

PRICE : 5,940 (tax in)
SIZE : FREE

久々にリリースのロゴマークキャップはヘリンボーン仕様に白い刺繍。
落ち着いたトーンと褪せた色合いが結構いい具合だと思うんだけど。。。どうでしょう。

俺は好きです。

全国のお取り扱い店及びHPにて7月1日土曜日から販売開始予定です。
追加生産の予定はないアイテムです。
興味のある方は是非お早めに購入を御検討下さい。

宜しくお願いします、押忍。



by tacomafuji | 2017-06-22 12:16 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

LEMON SOUR CAPのご案内


a0152253_11345995.jpg
a0152253_11350430.jpg
a0152253_11350748.jpg
a0152253_11351082.jpg
a0152253_11351394.jpg

LEMON SOUR CAP
designed by Tomoo Gokita

PRICE : 5,940 (tax in)
SIZE : FREE

今夏新作キャップ、次にご紹介するのは新作LEMON SOUR CAP。
数ヶ月前からサンプル試着していますが、デニム素材なので当然ですがゆっくり色落ちしていきます。
アジャスター部分もアタリが出そうで楽しみ。
最近は緑茶ハイに浮気気味だけど、やっぱり美味いレモンサワーは美味い。

全国のお取り扱い店及びHPにて7月1日土曜日から販売開始予定です。
追加生産はないアイテムです。
興味のある方は是非お早めに購入を御検討下さい。

押忍押忍。




by tacomafuji | 2017-06-22 11:45 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)