カテゴリ:TACOMA FUJI RECORDS( 416 )

THE ART OF RIDINGのご紹介です

a0152253_20245747.jpg

THE ART OF RIDING

designed by Jerry UKAI & Tacoma Fuji Records



死別した母親の祖先をマヤ人に持つアルマンド・ヨシオは幼少期から地元チアパス州にあるマヤ文明期の

ピラミッド跡地でスケートボードをしていた元ストリートキッズ。

2015年、1度も会った事のない父親の祖国日本へ帰化の際、自らのルーツとアイデンティを記すため、

旧知の友人ジェリー鵜飼デザインのタトゥを入れる。

日本とともに、彼のもう1つのルーツ、マヤ文明の石碑をモチーフに、ヨシオが愛してやまない動物たちをイメージした

アートワークと、彼のニックネーム「THE ART OF RIDING」を配したタトゥは彼の代名詞に。

このTシャツは狂信的なファンがプライベートで作成したブートTシャツがオリジナルだが、その出来栄えの良さが話題に。

最終的にヨシオ自身がオフィシャルTシャツとして正式作成を依頼することとなる。

このTシャツはTACOMA FUJI RECORDS制作による「THE ART OF RIDING」TシャツのSIMS別注バージョン。

*このストーリーは120%フィクションです。



という事で、新生UWFならぬ新生SIMSにTシャツを提供致しました。

タコマフジHPでの取り扱いはございませんので、販売店等お問い合わせはSIMSへお願いいたします。

ちなみに私、スノボもスケボーも嗜む事はございません。

ビーグルの散歩で手一杯な42歳です。


4月28日にはローンチパーティも開催されるようです。

是非、ご来場下さいませ。




by tacomafuji | 2017-04-18 20:37 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

Tees are Re-Stock now!



a0152253_14343831.jpg
a0152253_14344172.jpg
a0152253_14344588.jpg
a0152253_14344864.jpg
a0152253_14345071.jpg
a0152253_14345910.jpg
a0152253_14350198.jpg
a0152253_14350482.jpg
a0152253_14350662.jpg


すみません、週末から既に補充済だったのですが告知が遅れていました。

サイズ欠けを起こしていたり、すっかり完売していたTシャツをウェブストアに再入荷致しました。

是非ご覧下さい。宜しくお願いします。






by tacomafuji | 2017-04-18 14:40 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

GO OUT JAMBOREE2017出展とHP配送業務のお知らせ


a0152253_21414643.jpg


『結局出展すんのか!』というカンジなのですが、
4月14日金曜日〜16日日曜日にふもとっぱらキャンプ場で開催されるGO OUT JAMBOREE2017
『なんでそこにいるの?』と言われ続けて数年経ちますがMARKET VILLAGEの隅っこで出展致します。

今年はイベント自体のレイアウトがガラッと変更しています。
CHILL OUT FORESTの端っこなのであまり気づかれる事なくひっそりこっそりお待ちしております。
今夏の新作も少量お持ち致しますが、DINEXや手ぬぐい、B品やサンプルTシャツの他、
今期のパーカもベイダーのジャーマンばりの破壊力で販売致します。




バレロ級の破壊力で販売致します。





『これで十分ですよ』と納得いく具合でお送りします(しつこい)。




また、それに伴い13日木曜日23:59以降のオーダーに関して、発送は週明け17日月曜日となります。
予めご了承下さいませ。

ということで、宜しくお願い致します。

押忍。




by tacomafuji | 2017-04-13 21:43 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

Mikkeller Tokyo / Chemistry of Beer のご案内


a0152253_13300905.jpg
a0152253_13301357.jpg
a0152253_13302598.jpg
a0152253_13302723.jpg
a0152253_13303174.jpg


Mikkeller Tokyo / Chemistry of Beer

designed by JERRY UKAI

COLOR : BLACK

SIZE : S〜XL

PRICE : 5,400 (tax in)


自社で醸造所を有さない「ファントム・マイクロ・ブリュワリー」として有名なミッケラーは、

ミッケル・ボルグとクリスチャン・ケラーによって2006年にコペンハーゲンにて設立された。

その完成されたレシピをベースに、場所を選ばず世界中のブリュワリーでビアギークを唸らせるビールを作り続けるミッケラーが

満を持して2017年、東京に再降臨。ミッケラーの創り出すビールとその場が織りなすケミストリーへの想いを込めたTシャツです。

(*このストーリーは珍しくノンフィクションです。)



いよいよ4月29日に東京・渋谷に再上陸を果たすMikkeller Tokyo。

それを記念して、TACOMA FUJI RECORDSでTシャツを作成させて頂く光栄に預かりました。

「ギャランティいらないから一生タダでビール呑ませて欲しい」というユーモアのオブラートに包んだわりには

非常にアグレッシブで確信を突いた私のオファーは「お前は馬鹿みたいに呑むからダメだ」と当然一蹴されてしまったものの、

そんなオファーをしたくなるほど美味いミッケラーの名を配したTシャツを作る事ができて興奮しております。

デザインはジェリー鵜飼。何度かのやりとりでブラッシュアップされ完成したこのTシャツ、気に入っています。

今月29日のお店のオープンを待たずに、明日4月13日21時頃から

Mikkeller Tokyo Web ShopとTACOMA FUJI RECORDS HPにて販売開始予定です。


TACOMA FUJI RECORDS HPからの購入の場合は先着25枚FREE BEER TICKET付です。

もう一度言います。TACOMA FUJI RECORDS HPからの購入の場合は先着25枚FREE BEER TICKET付です。



色んな好みがあるので一概には言い切れないのですが、先日創設者ミッケル・ボルグさん来日時に

店舗予定地で開催されてプレイベントでビールを呑んだんだけど、滅茶苦茶美味かった。

勿論飲酒ってのは厄介なので、いつ、誰と、どんな具合に呑むかが非常に重要なのは分かった上でですが、

その後に別のビアパブで呑んだビールが気の抜けたションベンに感じるほど、あの夜呑んだミッケラーは美味かった。

道玄坂方面の、ラブホと神社の間というグイグイきてるパワースポットに降臨するMikkeller Tokyo。


a0152253_13351397.jpg


マジでお勧めですよ。




by tacomafuji | 2017-04-12 13:37 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

GOOD BEER DRINKING TEAM Tee Re-Stocked.



a0152253_11021573.jpg
a0152253_11022114.jpg

数日間在庫切れを起こしていたGOOD BEER DRIKING TEAMのMサイズですが、

ネイビーヘザーグレイともに再入荷しています。

宜しくお願いします。



by tacomafuji | 2017-04-07 11:04 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

OFF THE GRID 2017に参加します

a0152253_18233255.png

今年で3回目を迎える、アウトドア・ガレージブランドが一同に会する国内最大級のアウトドア展示会、

OFF THE GRID2017」が今年も4月8日(土)、9日(日)の2日間京王閣フローラルガーデンにて開催されます。

「アウトドアとか関係ないのに何でいるんだ?」とか言われてハラワタ煮えくり返ったりもしてましたが、

有り難いことに初年度から続けてお声掛けを頂き今年も参加させて頂きます。

多くのブースでは販売も行うこのイベント。タコマもいくつかスペシャルな商品を用意しました。



a0152253_18265510.jpg
a0152253_18270146.jpg
a0152253_18270395.jpg
a0152253_18270894.jpg
a0152253_18270918.jpg
a0152253_18271227.jpg


PACKLIST 2017 designed by JERRY UKAI

COLOR : HEATHER GRAY / WHITE

SIZE : S〜XL

PRICE : 5,500 (tax in)



初年度のOFF THE GRIDで販売&見事に即完売したPACKLISTが無駄に豪華になって再登場です。

このTシャツ、着用した状態で自身の持ち物リストが確認できるデザインになっていて、下部には

友人、知人のブランド・ロゴが入っています。前回からさらにTEMPRA CYCLE、RUN BOYS! RUN GIRLS!、

ULTRA LUNCH、ANSWER4、HARIYAMA PRODUCTION、JINDAIJI MOUNTAIN WORKS、BAR LIQUORSが参加。

「ただの呑み仲間なんじゃないか」というシンプル&ストレートな指摘は一切無視して販売致します。

カラーは2色。タコマ調べによる、ネイビーやブラックのシャカシャカしたパンツに似合う2トップ配色を採用(実話)。

ホワイトボディにネイビープリント、もう1枚はヘザーグレイボディにバーガンディプリントとなります。

数量限定にて販売致します。


a0152253_18273632.jpg
a0152253_18273311.jpg
a0152253_18275556.jpg

a0152253_18280953.jpg
a0152253_18274067.jpg
a0152253_18273962.jpg



手ぬぐい / 五木田智央画

COLOR : 藍色 / 朱色

PRICE : 1,500 (tax in)


OFF THE GRIDで初登場はタコマ初の手ぬぐいです。数年前から暖めていた企画がようやく形になりました。

都合良く言っちゃえば、TACOMA FUJI的UH/即完機能素材とも言えるのではないでしょうか(この際だからこっそり言い切っちゃおう)。

五木田智央描き下ろしのアートワークが全面に施されたこの手ぬぐい、伝統の注染で染め上げた文生地の仕上りは

絶妙な仕上りとなっています。藍色と朱色の2色展開。これ、滅茶苦茶いいですよ。



a0152253_18274594.jpg
a0152253_18272215.jpg
a0152253_18272481.jpg


 THIS IS NOT FOR EVERYONE designed by JERRY UKAI

COLOR : WHITE

PRICE : 1,500 (tax in)

既にイベント出展時には販売しておりますが、今回も販売します、DINEX。

タコマ制作のDINEX第一弾は「THIS IS NOT HERE」、第二弾は「MILK AND COOKIES」

そして第三弾が今回の「THIS IS NOT FOR EVERYONE」です。

前作2つが隠喩的な意味合いのものだったのに対して、メッセージをより直接的な表現にしています。

「お前の為にやってんじゃねぇよ」と理解して頂いても結構ですし「好かれようなんて思ってないよ」でも結構。

皆さんで好きに解釈して頂ければいいのです。なんつってね。




3月末にリリースされた新作Tシャツも一部販売予定です。

都内では店頭で現物を確認しながら購入して頂く機会が限られているタコマフジ、実物を確認した上で購入できるいい機会なのでは。

タコマ以外のブースの方も強烈なこのイベント、是非ご来場頂くのをお勧めします。

これ、マジで来た方がいいから!



と言う事で、週末は京王閣で宜しくお願い致します。

押忍。




by tacomafuji | 2017-04-03 18:39 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

3/30.thr_高円寺にて関口先輩と



a0152253_15022402.jpg

事務所の引っ越しを機に名刺をリニューアルしたのですが、
オリジナルのデザインをして頂いたPLUG IN GRAPHICの関口さんに改めて依頼させてもらいました。
同時に、少し前から食事の約束をしていたこともあり、N/Y中川さん山根さんもお誘いするも都合がつかず、
前回同様二人でサシ状態の乾杯となったこの晩。
「美味い貝の店があるんで是非」ということで、お礼も兼ねて高円寺まで来て頂いて乾杯でした。

「あぶさん」から「ビアエンジン」を経由して「大将」で〆るおなじみのコース。
恐らく僕の10倍くらいマジで忙しいであろう先輩に少しだけリラックスしてもらえたと思う。
不思議と数ヶ月おきに近況報告も含め会っていますが、やりとりしているメールのタイトルは
13年前から意味もなく変えていない。
いつも最後はなんだか励ましてもらって終わるので、関口さんと食事した後はいつも寝付きがいい。
(唯一の例外は俺がオカマバーで怒鳴り散らしたあの晩だけか。。。)

僕も関口さんもお互い状況は変わったけど、気にかけてくれる先輩がいるのは本当に有り難い。
タマさん関さんとも久しぶりに会いたくなった。
中野くん木村さん、山口さんともちょっとご無沙汰。再会が渋滞中だ。




by tacomafuji | 2017-04-01 15:03 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

STICKER 2017


a0152253_23314487.jpg
a0152253_23320705.jpg
a0152253_23315177.jpg
a0152253_23320029.jpg
a0152253_23320468.jpg

ちゃんとステッカーも間に合いました。
セレクトショップでも、HPでも、Tシャツ1枚につき特典ステッカーが1枚ついてきます。
当然ですが、100枚購入頂ければ100枚ステッカーがついてきます。
どのステッカーがついてくるかはリクエスト不可!だからお願い、リクエストしないでください。



by tacomafuji | 2017-03-24 23:38 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

TACOMA FUJI RECORDS LOGO Tee のご案内


a0152253_22432274.jpg
a0152253_22431444.jpg
a0152253_22431788.jpg
TACOMA FUJI RECORDS LOGO '17
designed by Tomoo Gokita

COLOR : BURGUNDY
SIZE : XS〜XL
PRICE : ¥5,400 (tax in)

毎シーズン、「スタンダードで日常着として耐えうる配色」を意識しながら
作成しているロゴTシャツですが、2017年はウォッシュ加工のかかったレッドボディにブラックプリント仕様で登場です。
2シーズン前は後染め加工のレッドボディにホワイトプリントのロゴTシャツをリリースしましたが
色落重視で仕上がった段階では褪せたピンク色をイメージしていたのに対し、
今期のロゴTシャツはブラックプリントによってソリッドな印象が増したのと同時に
グッとやさぐれたいい具合になったと思います。
ショーツで着こなすよりも、デニムが具合良さそうだし、
小綺麗って具合よりも寝癖のままフラフラするのが似合うイメージ。
大事な時に着る一着よりも、何故かいつも着てしまう肌着。。。そんな具合で着てもらえたらいいかなと思います。

いい具合ですよ、是非。





by tacomafuji | 2017-03-24 23:17 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

MY R Teeのご案内


a0152253_11031243.jpg
a0152253_11052195.jpg
a0152253_11031053.jpg
a0152253_11052463.jpg


MY R designed by Tomoo Gokita

COLOR : BLACK / ICE GRAY

SIZE : XS〜XL

PRICE : ¥5,400 (tax in)


My R designed by Tomoo Gokita

90年代前半、NYマット界で活躍した元プロレスラー、ウィリアム・ヘルウィッグが

インディアナポリスに開店した巨大ディスコ

「ステロイド・マキシマス」専属の筋肉弦楽四重奏団、MY R。

持ち前の古典派以前のクラシック音楽ばかりではなく、ラテン・アメリカやアジアの民族音楽、

密教音楽に至るまでその演奏活動の振り幅は無駄に広い。

2004年にはルチャ・ドール主演で話題を呼んだハード コア・メキシカン・ポルノDVD 「Sex Coliseo」のサウンドトラックを担当し、

2004年度パン・パシフィック室内楽部門最優秀賞を受賞した。

ちなみにウィリアム・ヘルウィッグは近年、超保守派の政治団体に所属している。

*このストーリーはフィクションです。

*TACOMA FUJI RECORDS 4thコレクションからの限定復刻商品です。


点描画と言えば私クラスの世代になるとレオ鬼澤先生による東スポの「玉門占い」が真っ先に脳裏をかすめるのだけど、2000年代に入ってからの某新聞社のアンケートによると「点描画?うーん、マイアールかな」という答が大多数を示すようになったと言う事実が示すように、時代は今、マイアール(8割型嘘です)。SHININGの没ビジュアルや鬼澤先生のエロい点描画も本当に大好きなので、この1枚も満を持して復刻してしまいました。オリジナルは黒ボディと白ボディの2色で作成しましたが、復刻するにあたり「間違いなくアイスグレイは作ろう」と決めていました。アイスグレイ、ドンピシャです。勿論、ブラックボディもウォッシュ加工の精度が年々高くなっているので仕上りはオリジナルで販売した7〜8年前とは段違いだと自負しています。


MY R、3月26日日曜日正午頃からHPでも販売予定です。


宜しくお願い致します。




by tacomafuji | 2017-03-24 11:58 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)