<   2017年 04月 ( 43 )   > この月の画像一覧

Mikkeller Tokyo / Chemistry of Beer のご案内


a0152253_13300905.jpg
a0152253_13301357.jpg
a0152253_13302598.jpg
a0152253_13302723.jpg
a0152253_13303174.jpg


Mikkeller Tokyo / Chemistry of Beer

designed by JERRY UKAI

COLOR : BLACK

SIZE : S〜XL

PRICE : 5,400 (tax in)


自社で醸造所を有さない「ファントム・マイクロ・ブリュワリー」として有名なミッケラーは、

ミッケル・ボルグとクリスチャン・ケラーによって2006年にコペンハーゲンにて設立された。

その完成されたレシピをベースに、場所を選ばず世界中のブリュワリーでビアギークを唸らせるビールを作り続けるミッケラーが

満を持して2017年、東京に再降臨。ミッケラーの創り出すビールとその場が織りなすケミストリーへの想いを込めたTシャツです。

(*このストーリーは珍しくノンフィクションです。)



いよいよ4月29日に東京・渋谷に再上陸を果たすMikkeller Tokyo。

それを記念して、TACOMA FUJI RECORDSでTシャツを作成させて頂く光栄に預かりました。

「ギャランティいらないから一生タダでビール呑ませて欲しい」というユーモアのオブラートに包んだわりには

非常にアグレッシブで確信を突いた私のオファーは「お前は馬鹿みたいに呑むからダメだ」と当然一蹴されてしまったものの、

そんなオファーをしたくなるほど美味いミッケラーの名を配したTシャツを作る事ができて興奮しております。

デザインはジェリー鵜飼。何度かのやりとりでブラッシュアップされ完成したこのTシャツ、気に入っています。

今月29日のお店のオープンを待たずに、明日4月13日21時頃から

Mikkeller Tokyo Web ShopとTACOMA FUJI RECORDS HPにて販売開始予定です。


TACOMA FUJI RECORDS HPからの購入の場合は先着25枚FREE BEER TICKET付です。

もう一度言います。TACOMA FUJI RECORDS HPからの購入の場合は先着25枚FREE BEER TICKET付です。



色んな好みがあるので一概には言い切れないのですが、先日創設者ミッケル・ボルグさん来日時に

店舗予定地で開催されてプレイベントでビールを呑んだんだけど、滅茶苦茶美味かった。

勿論飲酒ってのは厄介なので、いつ、誰と、どんな具合に呑むかが非常に重要なのは分かった上でですが、

その後に別のビアパブで呑んだビールが気の抜けたションベンに感じるほど、あの夜呑んだミッケラーは美味かった。

道玄坂方面の、ラブホと神社の間というグイグイきてるパワースポットに降臨するMikkeller Tokyo。


a0152253_13351397.jpg


マジでお勧めですよ。




by tacomafuji | 2017-04-12 13:37 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

4/10.mon_OFF THE GRID打ち上げ



「打ち上げやろう、早い方がいいから明日やるか?」
というノリ一発でOTG打ち上げを吉祥寺で。
参加メンバーはコバ、ドミさん、ジャッキーさん、鵜飼さん、にゴリと俺。
珍しいメンツでこれまた珍しく吉祥寺に集合だ。

a0152253_23125728.jpg

激しく飲んでしまったので写真もブレブレ。
リックルービンとVAN HALENの話は覚えているけど、恒例のお会計のことは全然覚えてない。
多分しっかり割り勘だったはずなんだけどなー。

a0152253_23133121.jpg

全く記憶にない写真が残っていた。

a0152253_23140256.jpg

この写真も全く覚えてない。。。

遅れてきたゴリが「すいません、待ち合わせなんですけど。。。」と店員に伝えると
「あー、はいはい。こっちです」と一発で席に通されたらしい。
失礼っちゃー失礼だけど、写真を見て完全に納得しました。
そりゃ一発で通されるわけだ。

壮絶な二日酔いでしたが、最高の夜でした。あざす。





by tacomafuji | 2017-04-11 23:31 | 日々雑感 | Comments(0)

4/8.sat, 9.sun_OFF THE GRID 2017



この週末は京王フローラルガーデンにて3度目のOFF THE GRIDに出展でした。
前日搬入の段階で思ったよりも小さめのブースにちょっと困っちゃったのですが、
当日搬入時は雨模様。ズバッと割り切って旧作やパーカの販売は全面的に止めて、
(その分ダンボール4箱をANSWER4のブースにおかしてもらっていた。コバ感謝)
新作のみ切り替えての展開でした。

初日は設営時に降られただけだったけど、2日目は降ったなー、降った。
ほぼ心は折られたけど撤収時は雨もあがりスムーズに撤収&無事終了でした。

多くの友人知人にも会えたし、販売も好評だったようです。
ブースとトイレの往復だけだったけど、抜け目なくちょっとだけ買い物も。

a0152253_22362715.jpg

PAPER SKYのブースでルーカスから購入したナルゲンボトルに、目の前の出展ブースにいた
ユーマくんから入手したHALFTRACKのトートバッグとペグ用バッグ。
赤はいいよなぁ、赤は。

a0152253_22363199.jpg

ちなみこのイベント期間中にジャッキーさんから遂に入手したJINDAIJI MOUNTAIN WORKSの
カスタムハンドメイドのバックパック。モデル名は「TACOMA SUNSET」。
嬉しい、俺は嬉しいよ。



by tacomafuji | 2017-04-11 23:02 | 日々雑感 | Comments(0)

4/7.fri_高嶋政伸



翌日から開催されるOFF THE GRIDの準備でほぼ終日おわったこの日
発送と梱包にフローラルガーデンへの前日納品なんかをやりながらAMAZONプライム鑑賞
毎週水曜日は「有田と週刊プロレスと」が楽しみな私なんですが、同等かそれ以上に
心を鷲掴みにされているのがWOWOW制作のドラマのクオリティの高さ
そして高嶋政伸と武田鉄矢の怪演ぶりだ

とくに高嶋政伸は悪魔に魂でも売ったんじゃないか、いや、これもうとっくに売っちゃったな
そんなレベルの凄みダダ漏れ状態だ

a0152253_22104416.jpeg
a0152253_22110844.jpg
a0152253_22111108.jpg
a0152253_22104706.jpeg
a0152253_22104182.jpg


とっくにみんな気づいていたかもしれないけれど、今僕はこの人に釘付けです
特にちょっとふっくらしている頃とか「演技だとしてもマジでこいつやベーな」と思わせるほど

ちょっと凄いよホントに



by tacomafuji | 2017-04-11 22:15 | 日々雑感 | Comments(0)

GOOD BEER DRINKING TEAM Tee Re-Stocked.



a0152253_11021573.jpg
a0152253_11022114.jpg

数日間在庫切れを起こしていたGOOD BEER DRIKING TEAMのMサイズですが、

ネイビーヘザーグレイともに再入荷しています。

宜しくお願いします。



by tacomafuji | 2017-04-07 11:04 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

4/6.thr_PURE COMEDY



ガッチリ飲酒後、3時間で起床。
気合で乗り切るぞ!と息巻いてみたものの、結果的には寝不足程度のダメージしかなくて
いつもと同じペースで仕事をしていた木曜日でした。
(さすがに帰宅後、夕食までに1時間弱寝落ちしてしまったけど)

そんな事よりあなた、FATHER JOHN MISTYの新譜がいよいよ来ますね。





アナログ熱が再燃中の今、予約して購入するべきか、店頭まで行くか考えていたら
発売日って明日なの!?(完全未確認情報) ちょっと予定が詰まってるけど「ほほぅ、ユニオン吉祥寺店は11時開店か。。。」
とか調べちゃてる俺。一体何をやってるんだ。。。




by tacomafuji | 2017-04-06 22:53 | 日々雑感 | Comments(0)

4/5.wed_ IGF新ブランド「NEW」から三多摩地区へ



久しぶりにプロレスを観てきた。
多分天龍の引退試合以来かな。後楽園ホールに至ってはいつ以来かすら思い出せない。
五木田さんと合流、開場とほぼ同時に後楽園ホールに突撃してまずはビール、とにかくビールだ。

a0152253_21294559.jpg

「マットだ、マットにメールしてくれ!」とゴキゲンな様子の先生。
社会人になるまでほぼ一人でしかプロレス観戦したことがなかったので、当時は満員の開場を見渡して
「この大勢の観客は一体どこからくるのだろう」と常々思っていたけど、この日もどこから来たんだこの人たちは!?
と不思議に思うほどのエリートたち(もちろん超いい意味で)が大集合だった。

a0152253_21294881.jpg

既にマブダチオーラ全開のタイコウさんと五木田さん。
初めましてのタイコウさんは井上さんと一緒にレッスルマニアから帰国、そのまま後楽園に来たモノノフ。
レモンサワー通のナイスパイセン。

五木田義兄も抜かりなく観戦していたこの大会。
目的は第一試合の藤原喜明x青木真也の一戦。先だってKAMINOGE誌上で五木田さんと対談していた
藤原組長の応援を決め込んでいたのですが、青木真也のグッドシェイプ&あらゆる意味での説得力も素晴らしかった。

a0152253_21294270.jpg

大会終了後、サイン会中の組長にご挨拶。
「なんだか親戚とあっているような、不思議な雰囲気」と言っていたけど、
藤原組長の丁寧で実直、それでいて当然普通にど迫力。格好いい。
問答無用で「嗚呼、レスラーって格好いいなー」と思ってしまう。

大会終了後は飲み屋へ移動してKAMINOGE井上さん、マッスル坂井さん、五木田さん、タイコウさん、
五木田義兄と私で乾杯。

a0152253_21293957.jpg

移動中に通りかかった青木真也、井上編集長、五木田智央。
「ゲーリー・トノンとの試合、頑張ってください!」と喉から血が出るほど大きな声で絶叫しました(心の中で)。

a0152253_21293140.jpg

てっぺん近くまでキャーキャー言いながら水道橋で乾杯。
あっという間の貴重な時間でした。坂井さん、頭脳明晰でとても面白い、凄い人だった。

終電間際をタイトロープで吉祥寺まで戻った後、残党状態のタイコウさん、五木田さんともう一撃。
2時頃までやっていたのだけど、「すみません、ギブです」という俺の泣きの一言で終演。

長く、刺激的な1日。3時に就寝して、翌朝6時に起床して意地を見せたのは翌日の話。
お疲れしたー。



by tacomafuji | 2017-04-06 22:20 | 日々雑感 | Comments(0)

4/4.tue_MOUTH FOR WAR


毎朝奥さんも一緒に獅子丸の散歩に行くのだけど、この日は久しぶりに一人で獅子丸の散歩へ。
奥さんがいない上にまだ春休み期間中で歩いている子供も少ない。そんな状況なので、
「暖かくなってきたよなぁ」とか「うんち放置する奴ホント多いな。俺は違うからな」とか、
思いっきり犬に話しかけながら散歩する変質者のように振舞って1時間ちょっと散歩。
犬の散歩超楽しいぜ。

朝食後、しばらくすると伊藤さんと取材スタッフの方がやってきた。
イガちゃんがやってきたら笑えるな、なんて思っていたのだけど
イガちゃんは来ないけど気持ちのよいスタッフの皆さんと社会勉強のような楽しい時間が過ごせた。
家にとっても獅子丸にとっても、もちろん僕ら夫婦にとってもとても有意義でした。感謝。

午後から事務所へ移動して通常業務。
仕事が整理できてきたのでリズムよく作業ができる。
こんな具合だったらようやく梅ちゃんとこ行けるな。。。と思っていたところで急転直下。
すみません、「もう怒らない」と誓ったにも関わらず私怒ってしまいました。





心の中は爆音でMOUTH FOR WARかかっちゃいました。
反省です、猛省です。明らかに自分が正しい時の主張の仕方は重要。
正義が暴走するとそれは暴力ですね、その場で謝ったけど、明日またお詫びしよう。

押忍。



by tacomafuji | 2017-04-04 21:16 | 日々雑感 | Comments(0)

4/3.mon_リフレッシュのススメ


a0152253_15004048.jpg


花粉の季節になってから、イビキが猛威を振るっている。
「振るっている」とか他人事のように言っているが、猛威を振るっているのは俺のイビキで
猛威を振るわれているのは僕の奥さん(と犬)だ。
「横を向いて寝るように」を口を酸っぱくして言われるので、熟睡する時は横を向いているのだけど、
いよいよ横向いていようととんでもないイビキが明け方になると発動するらしい。
(当然俺にはなんの記憶も他意も無い)
やっぱり太り過ぎだな。意外なところに本気ダイエットのスイッチがあった。

エリアによってサービスにムラがあるのはしょうがないとして、
新しく事務所を構えたエリアでの某佐川急便はサービス網が脆弱。
「佐川全然だめだろ!」みたいな罵詈雑言ではなく、通常のサービスを提供するには人員が少な過ぎると思う。
そろそろヤマト運輸との併用を真剣に考えるタイミングなのだろう。

夕方から雨。
予報で聞いていたけど、何も考えずに自転車で通勤していたので帰路はずぶ濡れになってしまった。
久々に雨模様の中を注意しながら帰宅中、ヌケのいい場所で空を見渡す。
ヌケのいい場所で眺める雷雲の迫力に目が覚める。ふと考えると、最近脳が覚醒するようなモノを見ていない。
キャンプ行くしか無いか!



by tacomafuji | 2017-04-04 15:00 | 日々雑感 | Comments(0)

OFF THE GRID 2017に参加します

a0152253_18233255.png

今年で3回目を迎える、アウトドア・ガレージブランドが一同に会する国内最大級のアウトドア展示会、

OFF THE GRID2017」が今年も4月8日(土)、9日(日)の2日間京王閣フローラルガーデンにて開催されます。

「アウトドアとか関係ないのに何でいるんだ?」とか言われてハラワタ煮えくり返ったりもしてましたが、

有り難いことに初年度から続けてお声掛けを頂き今年も参加させて頂きます。

多くのブースでは販売も行うこのイベント。タコマもいくつかスペシャルな商品を用意しました。



a0152253_18265510.jpg
a0152253_18270146.jpg
a0152253_18270395.jpg
a0152253_18270894.jpg
a0152253_18270918.jpg
a0152253_18271227.jpg


PACKLIST 2017 designed by JERRY UKAI

COLOR : HEATHER GRAY / WHITE

SIZE : S〜XL

PRICE : 5,500 (tax in)



初年度のOFF THE GRIDで販売&見事に即完売したPACKLISTが無駄に豪華になって再登場です。

このTシャツ、着用した状態で自身の持ち物リストが確認できるデザインになっていて、下部には

友人、知人のブランド・ロゴが入っています。前回からさらにTEMPRA CYCLE、RUN BOYS! RUN GIRLS!、

ULTRA LUNCH、ANSWER4、HARIYAMA PRODUCTION、JINDAIJI MOUNTAIN WORKS、BAR LIQUORSが参加。

「ただの呑み仲間なんじゃないか」というシンプル&ストレートな指摘は一切無視して販売致します。

カラーは2色。タコマ調べによる、ネイビーやブラックのシャカシャカしたパンツに似合う2トップ配色を採用(実話)。

ホワイトボディにネイビープリント、もう1枚はヘザーグレイボディにバーガンディプリントとなります。

数量限定にて販売致します。


a0152253_18273632.jpg
a0152253_18273311.jpg
a0152253_18275556.jpg

a0152253_18280953.jpg
a0152253_18274067.jpg
a0152253_18273962.jpg



手ぬぐい / 五木田智央画

COLOR : 藍色 / 朱色

PRICE : 1,500 (tax in)


OFF THE GRIDで初登場はタコマ初の手ぬぐいです。数年前から暖めていた企画がようやく形になりました。

都合良く言っちゃえば、TACOMA FUJI的UH/即完機能素材とも言えるのではないでしょうか(この際だからこっそり言い切っちゃおう)。

五木田智央描き下ろしのアートワークが全面に施されたこの手ぬぐい、伝統の注染で染め上げた文生地の仕上りは

絶妙な仕上りとなっています。藍色と朱色の2色展開。これ、滅茶苦茶いいですよ。



a0152253_18274594.jpg
a0152253_18272215.jpg
a0152253_18272481.jpg


 THIS IS NOT FOR EVERYONE designed by JERRY UKAI

COLOR : WHITE

PRICE : 1,500 (tax in)

既にイベント出展時には販売しておりますが、今回も販売します、DINEX。

タコマ制作のDINEX第一弾は「THIS IS NOT HERE」、第二弾は「MILK AND COOKIES」

そして第三弾が今回の「THIS IS NOT FOR EVERYONE」です。

前作2つが隠喩的な意味合いのものだったのに対して、メッセージをより直接的な表現にしています。

「お前の為にやってんじゃねぇよ」と理解して頂いても結構ですし「好かれようなんて思ってないよ」でも結構。

皆さんで好きに解釈して頂ければいいのです。なんつってね。




3月末にリリースされた新作Tシャツも一部販売予定です。

都内では店頭で現物を確認しながら購入して頂く機会が限られているタコマフジ、実物を確認した上で購入できるいい機会なのでは。

タコマ以外のブースの方も強烈なこのイベント、是非ご来場頂くのをお勧めします。

これ、マジで来た方がいいから!



と言う事で、週末は京王閣で宜しくお願い致します。

押忍。




by tacomafuji | 2017-04-03 18:39 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)