erosss designed by Jun Tsunoda_12th collectionのご案内

a0152253_20544039.jpg
a0152253_20545009.jpg
a0152253_20550909.jpg
a0152253_20545895.jpg
a0152253_20550002.jpg
a0152253_20550612.jpg

erosss designed by Jun Tsunoda

COLOR : BLACK/ WHITE

SIZE : XS〜XL

PRICE : 5,200+tax



角田純

1960年愛知県に生まれる。

多摩美術大学卒業後、「角田純一」名義で1980年代から広告・出版業界でアートディレクターとして活動し、

グラフィックデザイナーとして高い評価を得る。2000年代半ば以降、画家としての活動を開始し、ライフワークとして描いてきた絵画作品の他、

水彩やコラージュ、シルクスクリーンなど、さまざま素材を使いながら、音楽的感覚が溢れる豊かな色彩と描線を描き出す。

2009年、作品集『Cave』をフォイルより刊行。2012年、川村記念美術館でのグループ展「抽象と形態:どこまでも顕れないもの」に参加。

主な個展に「Hollow Organ」(2017年、Curator's Cube)、「Dust to Dust」(2016年、CLEAR EDITION & GALLERY)、

「When it’s short distance between the moon and Mars.」(2016年、ギャラリートラックス)、

「如意樹」(2010年、FOIL GARRERY)などがある。

2017年に文字にまつわるドローイングをまとめた作品集『SOUND AND VISION』をtorch pressより刊行。

www.juntsunoda.com/



LENO以来、久々にTシャツをリリースする角田純の新作はerosss。

昨年刊行した、文字のようなドローイング作品集「SOUND AND VISION」の世界観のまま、Tシャツにそのイメージを落とし込みました。

タイトル通り、erosssと読めるものの、その有機的なラインは何か別の意味をまとっているかのようです。

少し悪戯っぽくもあり、微妙に横ノリ感も感じるような(これは俺だけかな)、見る度に微妙に印象の違う不思議な感覚に陥りる気がします。

そして、まさにこのTシャツの製作期間と時同じくして、角田さんが手がけていたのがこちら。


a0152253_21101043.jpg


アーティストご本人とは面識はないのですが、制作陣は友人・先輩・後輩が多く、なんだか不思議な気分でした。

80年代からアートディレクターとして第一線で活躍してきた角田さん。

大先輩ながら、いつも目線を合わせて話をしてくれるし、東京のクリエイターの多くに今も多大な影響を及ぼすトップランナーでもあります。

下手な小細工は一切なしで、シンプルに白黒2色展開です。


販売は4月の最終週より。


宜しくお願い致します。




by tacomafuji | 2018-04-15 21:16 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)
<< WEST TEXAS STAT... 4/15.sun_天才の仕事 >>