SOFT SIDEWALK designed by Andrew Jeffrey Wright_12th collectionのご案内


a0152253_14501482.jpg
a0152253_14501912.jpg
a0152253_14502926.jpg
a0152253_14503154.jpg
a0152253_14503313.jpg
a0152253_14503533.jpg
a0152253_14503867.jpg
a0152253_14504070.jpg
a0152253_14504398.jpg

SOFT SIDEWALK designed by Andrew Jeffrey Wright

COLOR : BLACK / HEATHER GRAY / WHITE

SIZE : XS〜XL

PRICE : 5,200+tax



フィラデルフィア郊外の小さな街、チェスター出身メンバーによって構成されたSOFT SIDEWALKは

ローファイ・フォレスト・ファンク・バンドとしてそのバンドキャリアをスタートした。

ファーストアルバム「Space Dirt」は結果としてその後の音楽性を示唆する重要な作品と位置付けられ、 セカンドアルバム「Melting Chocolate Steamroller Situation」によって、彼らのPSYCHO GARAGE SOUNDへの傾倒は

より顕著となりその評価は確固たるものとなった。 「チェスターのベッドルームからビーチや月まで」とまで

揶揄される壮大なサウンドスケープはその中毒性の高さから人気を博している。

現在は2019年リリース予定のサードアルバム「Nothing Is My Favorite Number(仮)」の制作期間中。

*このストーリーはフィクションです。



アンドリュー・ジェフリー・ライト (Andre Jeffrey Wright)

アートコミュニティ、Philadelphia's Space1026の創設メンバーの1人。

アニメーションの美術博士号を有し、

ハンドメイドで作成するzineは国際的な評価も高い。 彼の作品は絵画、アニメーション、ドローイング、

コラージュ、写真、彫刻、ビデオ、インスタレーション、スクリーン印刷、パフォーマンスと多岐に渡る。

The Hole (NYC)、THIS Gallery (LA)、Lamp Harajuku (東京)、New Image Art (LA)、

The Luggage Store (San Francisco)、The Pennsylvania Academy of Fine Arts (Philadelphia)、ICA (Philadelphia)、

The Print Center (Philadelphia)、Giant Robot NY (NYC)、Cinders Gallery (Brooklyn)、The Corcoran (DC)、

Foundation Cartier (Paris)等の展示に参加。

レジデンスとしてThe Clocktower Gallery (NYC) The Philadelphia Free Libraryにも参加している。

www.andrewjeffreywright.com/


今回初めてタコマフジにアートワークを提供してくれたアンドリュー。

できる限りの礼を尽くしてオファーしたところ、タコマの存在を知ってくれていて(ジェイソンに続いて!)

「じゃあストーリーも考えていいんだよね?」と食い気味で提案してくれたナイスガイ。

シンプルで飄々とした、太いアートワークはとてもTシャツ映えするアートワークで、散々配色を悩んだ挙句、

人に言えない種類のサンプルを作成した挙句絞り込めずに3色展開となりました。

黒ボディx白プリントは正調ロックTシャツテイスト、ヘザーグレイにクリーム色はアートワークのイメージ

によりマッチした配色、そして白にネイビープリントは染み込みプリントと毛羽立ったボディとの相性がパーフェクト。

何故3色展開になったか、納得の強度です。

年齢を重ねて、すっかりおじさん(さらに髭面)になったわけですが、そうするとアンドリューの世界観のような

Tシャツが欲しくなる。俺の中ではウィルコのジェフがGジャンの下に着ているようなTシャツ。

そんなイメージです。


販売は4月最終週から全国のお取り扱い店及びHPにて。


宜しくお願い致します。




by tacomafuji | 2018-04-18 15:14 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)
<< WRESTLING IS N... 4/18.wed_今日の1枚 >>