NEW ACOUSTIC CAMP 2018出展のお知らせ



9月15日、16日に開催されるNEW ACOUSTIC CAMP (以下NAC) に今年もVALLICANS刈処とスプリットブースで出展致します。昨年は「あれ?こんなに寒かったっけ?嘘でしょ!?」というくらいの寒さの中、遅れてやってきたゴリが寝袋を忘れて石油ストーブをガンガンつけたまま泥酔して撃沈。危うく大事故になりそうだったので速攻でストーブを止めて事なきを得たり(寒くてねれなかった説アリ)、バリカン扱うのにタコ足忘れたゴリが「あーあ、ダメだダメだ、やーめた」とか主催者側のスタッフが聞いたらガトリング砲で銃殺されるようなボヤキが飛び出したり(俺が持ってたケーブルと他の出店者の方から借りたタコ足ですれすれ出展)、ヒグマドーナツ突撃したら売り切れで、そのおかげで激ウマソーセージを爆食したりと、思い返すとそれなりに色々あったわけですが、今年も色々あるはず。

うん、あるだろうな、きっと。


a0152253_03230011.jpg
a0152253_03240633.jpg
a0152253_03225648.jpg
a0152253_03225170.jpg


まず、今年は初めてNACのオフィシャルTシャツを作成しました(よっしゃ!)。

アートワークを提供して頂いたのは気鋭のアーティスト、Yachiyo Katsuyama。半年ぐらい前から鵜飼さんに

「この人はナベちゃんグッとくると思うよ。」と紹介されて作品は拝見していたのですが、今回初めて一緒に仕事ができました。

その頃ちょうど彼女のアートワークがCASA BRUTUSの表紙になっていて、近所のセブンイレブンでちょっと大きめの声で

「おおおっ!」と発してしまい白い目で見られたのでそのまま購入しておきました。彼女のアートワークは全てモノクロで構築されていて、

パスや遠近感が無力化されているのが個人的には特徴だと思っているのですが、それがなんとも言えない繊細さと力強さを伴った

不思議な魅力となっています。Tシャツを作るにあたり、僕なりのNACのイメージからアートワークのモチーフと

そこに添えるテキストをいくつか提案しました。そして最終形となったのが、キャンプインがメインのフェスティバルに集う

オーディエンスの高揚感や多幸感を「SUVではなく、セダンやステーションワゴンで沢山荷物積んだ車」で表現。

「ESCAPE FROM CITY LIFE, THERE ARE OTHERS LIKE US」というメッセージを込めてもらいました

(大事な事を忘れていた、彼女は書き文字も素晴らしい)。

珍しくちょっと製作過程を公表しましたが、何が言いたいかというと「ノリ一発で作ってるわけじゃないよ、そんでこのTシャツも

具合いいぞ」という事。会場での販売はホワイトのみ、ブラックはタコマHPで後日販売予定です。

が、会場でも販売可能か否か現在絶賛交渉中。結果は会場でご確認下さい。


a0152253_03233448.jpg
a0152253_03234168.jpg
a0152253_03234916.jpg
a0152253_03235353.jpg


さらにもう1つ。

先だってイベント出展で販売したGOOD BEER DRINKING TEAMとPOT STICKER STUDY CLUBの

バインダーネックボディ&刺繍仕様のTシャツですが、NACでも少数販売致します。

ビール党&餃子派の方には吉報ですね。さらにさらに、今回MOUSE CAPとMOUSEのバインダーネックボディ&刺繍仕様の

Tシャツのニューカラーも少数販売予定です。どんな配色か? 実はこれがまだ絶賛製作途中(マジ)。

間に合うのか?大丈夫なのか?でもやるんだよッ!!!ってことで、

こちらはNAC開催ギリギリになりますが改めて告知させて頂きます。


それ以外にも今夏のTシャツや旧作Tシャツ・スウェットはニューでアコースティックなプライスで販売予定。

多分池のほとりでの出展になりそうですが、高額転売ヤーは雪崩式DDTで叩き落としてしまうかもしれないので購入はご遠慮下さい。


それでは皆さん、NACの会場でお待ちしています。

よろしくお願い致します。




by tacomafuji | 2018-09-11 03:25 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)
<< 新作TシャツHP販売のご案内 9月7日〜17日の配送について >>