2018年 04月 09日 ( 2 )

4/1.sun〜4/9.mon_日々、仕事してます


4月突入と同時に忙しい毎日。
IMCTRCも作ったし、RBRGと一緒に作ってるTシャツも無事入稿。
先行販売を開始した今夏のTシャツはいきなり在庫切れを起こしてしまいプチパニック発生。あんなに在庫あったのに。
来年の展開に向けて、原宿や千駄ヶ谷で打ち合わせを重ね、今夏のキャップ製作も大至急で生産中。
泰三さんにお別れを伝えて、葬儀では予期せぬ再会もたくさんあった。
日曜日の夜には諸事情あって錦糸町の夜間救急まで爆走ドライブ。三鷹から錦糸町って30分なの知ってました?

ちょっと風邪っぽいけど、今月も駆け抜けるように頑張ります。

そうそう、ハリルホジッチ解任された。遅いよ、遅い。
西野がベストなのか、本当に。応援するしかないからいいんだけど、責任の所在は田島。ここはハッキリしないとだ。

もう1つ。レッスルマニアのロンダ・ラウジー、素晴らしすぎた。



by tacomafuji | 2018-04-09 23:17 | 日々雑感 | Comments(0)

心はRIVERS AND ROADS。泰三さん、またいつかどこかで。


4月に入って、あっという間に1週間以上が過ぎてしまった。早い。
2日月曜日の朝、ゴリと岡部さんから泰三さんの訃報が届く。
29日の昼にお見舞いに行ったのが最後に会えたタイミングだった。29日も、2日の朝も、晴れてた。

岡部さんの紹介で出会った泰三さんは、「この人優しいけど怒らせたらマズいパイセンだな」という印象から
ちょっと間抜けで、寂しがり屋で、裏表なく面倒見のいい兄貴分(これ、悪口じゃないので、念のため)に降格するまであっとう間だった。
原宿駅前の石井スポーツのディスプレイは泰三さんワークス。スペアザの野音マーチャンダイズブースや
ステージ装飾なんかも「この予算と期間でここまでやるか!?」という徹底した仕事ぶりだった。
そうかと思えば、いつだったかバリカンズのメンバーでGO OUT CAMPに出店した時の事。
みんなベロベロに酔ってそれぞれの寝床に戻って夜を明かした後、前夜囲んで飲んでいた焚き火の場所へ行くと、
一晩で燃え尽きた焚き火の炭を、文字通り体全体に頭からぶっかけられたように浴びまくって前夜のままの状態で
ウトウトしている泰三さんを発見した時は笑ったなー。金粉まみれでマラソンしていたお笑いウルトラクイズの時の
たけし軍団みたいになっちゃっていた。その後、朝からコストコで買ったステーキを大量に俺が焼き出すと、
「そ、それ朝から食うのかよナベちゃん!?」と他のバリカンズの連中から一斉ブーイングの最中、泰三さんだけが満面の笑みで
「ほほーぅ、ナベ朝からステーキですかぁ。こいつはたまりませんなぁ!」と泰三さん。
その言い方が、とてもウケ狙いではなくて、心から言ってそうだったからまたみんなで大笑いした。

酒を飲む度に「お前、ゴリとかタクミとかとしょっちゅう飲んどるみたいだな。なんで俺を誘わんのだ!?つれねぇなあ!」
と本気で寂しがる泰三さん。駒沢公園で夜中に自転車で転んで大怪我した後、ボブ東京で復帰パーティした時に
作ったTシャツが1枚目。去年最初の入院からの復帰祝いに作ったTシャツが2枚目。
最初のTシャツには「I'm BACK!」、2枚目のTシャツには「I'm BACK AGAIN!」って入れたけど、
もう1枚作りたかったよ、泰三さん。というか、友達のTシャツ作った事なんて俺ないよ!しかも2度も!

岡部さんのブログに、葬儀の際に彼が読み上げた弔辞がほぼ掲載されています。素晴らしかった。
失礼だけど、弔辞を読んでいる時の岡部さん。あんなに堂々としている岡部さんを見たの初めてだった。
泰三さんのおかげで、岡部さんが大人になった気がした。
(40過ぎたおじさん(俺)が同じく40過ぎたおじさん(岡部さん)を上から目線で大人になったっつーのも
そもそもおかしな話なんだけども、まぁこの際いいや)

泰三さん、また、いつかどこかで。



時間が経てばみんないなくなる

友は皆ここを離れ

居心地のいい場所へ

やはり去っていくのだろう


今を留めるものなどない

だから君の笑顔がひどく切ない

これすら同じ宿命なんだよな

だけど君の笑顔がひどく切ない


ものの哀れは語り尽くした

家族だって一緒に居ない

現実をどう見たらいいのか分かってなけりゃ

僕らはバラバラになる

そう,現実を見つめなきゃ

僕らはつながらない


川のように

道のように


いつまでも君とつながっていれたら




by tacomafuji | 2018-04-09 22:39 | 日々雑感 | Comments(0)