2018年 04月 15日 ( 6 )

WEST TEXAS STATE ATHLETIC DEPT. designed by MATT LEINES _12th collectionのご案内



a0152253_22040089.jpg
a0152253_22040510.jpg
a0152253_22044027.jpg
a0152253_22040823.jpg
a0152253_22042779.jpg
a0152253_22043388.jpg

WEST TEXAS STATE ATHLETIC DEPT. designed by MATT LEINES

COLOR : BLACK/ HEATHER GRAY

SIZE : S〜XL

PRICE : 5,800+tax


多くの伝説的レスラーを輩出した、今は亡き名門校をイメージした架空のカレッジTシャツ。

紡績からこだわる事によって実現した、肌触りのいい肉厚なボディとバインダーネックが特徴のこのTシャツ。

今期からスタートした、MADE IN JAPANなオリジナルボディのニューラインです。


マット・レイナス (MATT LEINES)

1980年生。ブルックリン在住、画家。

一度見たら忘れられないその独特な緻密で寓話的な世界観で、アート・カルチャー誌を通じて世界的な評価を得ている。

ビール党でもあり筋金入りのレスリングマニアとしても有名。

http://www.mattleines.com


マット・レイナス超いい奴。

なんの仕事がなくても「シンスケ・ナカムラはやっぱ凄いの!?」なんていう普通のやりとりをしているわけですが、

NYに行く度に闘魂ショップやヤフオクでXLのTシャツを大量購入してお土産にしたりしているのですが、数年前にマットから

「これTシャツにしようぜ!」とばかりに突然送られてきたのがこのアートワーク。

あんまり多くを語れませんが、分かる人が見ればニヤリとしてしまう、レスリング・オリエンテッドな

めちゃくちゃ普通の架空カレッジTシャツです。あくまでもカレッジ調へ寄り添う仕上がりにすべく、

配色もオーソドックスなものにし、ボディも今期から展開するバインダーネックボディ仕様となっています。


販売は4月最終週から。

是非、宜しくお願い致します、押忍。



by tacomafuji | 2018-04-15 22:05 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

erosss designed by Jun Tsunoda_12th collectionのご案内

a0152253_20544039.jpg
a0152253_20545009.jpg
a0152253_20550909.jpg
a0152253_20545895.jpg
a0152253_20550002.jpg
a0152253_20550612.jpg

erosss designed by Jun Tsunoda

COLOR : BLACK/ WHITE

SIZE : XS〜XL

PRICE : 5,200+tax



角田純

1960年愛知県に生まれる。

多摩美術大学卒業後、「角田純一」名義で1980年代から広告・出版業界でアートディレクターとして活動し、

グラフィックデザイナーとして高い評価を得る。2000年代半ば以降、画家としての活動を開始し、ライフワークとして描いてきた絵画作品の他、

水彩やコラージュ、シルクスクリーンなど、さまざま素材を使いながら、音楽的感覚が溢れる豊かな色彩と描線を描き出す。

2009年、作品集『Cave』をフォイルより刊行。2012年、川村記念美術館でのグループ展「抽象と形態:どこまでも顕れないもの」に参加。

主な個展に「Hollow Organ」(2017年、Curator's Cube)、「Dust to Dust」(2016年、CLEAR EDITION & GALLERY)、

「When it’s short distance between the moon and Mars.」(2016年、ギャラリートラックス)、

「如意樹」(2010年、FOIL GARRERY)などがある。

2017年に文字にまつわるドローイングをまとめた作品集『SOUND AND VISION』をtorch pressより刊行。

www.juntsunoda.com/



LENO以来、久々にTシャツをリリースする角田純の新作はerosss。

昨年刊行した、文字のようなドローイング作品集「SOUND AND VISION」の世界観のまま、Tシャツにそのイメージを落とし込みました。

タイトル通り、erosssと読めるものの、その有機的なラインは何か別の意味をまとっているかのようです。

少し悪戯っぽくもあり、微妙に横ノリ感も感じるような(これは俺だけかな)、見る度に微妙に印象の違う不思議な感覚に陥りる気がします。

そして、まさにこのTシャツの製作期間と時同じくして、角田さんが手がけていたのがこちら。


a0152253_21101043.jpg


アーティストご本人とは面識はないのですが、制作陣は友人・先輩・後輩が多く、なんだか不思議な気分でした。

80年代からアートディレクターとして第一線で活躍してきた角田さん。

大先輩ながら、いつも目線を合わせて話をしてくれるし、東京のクリエイターの多くに今も多大な影響を及ぼすトップランナーでもあります。

下手な小細工は一切なしで、シンプルに白黒2色展開です。


販売は4月の最終週より。


宜しくお願い致します。




by tacomafuji | 2018-04-15 21:16 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

4/15.sun_天才の仕事





こんなの作る奴、間違いなく天才。センスいいなー。



by tacomafuji | 2018-04-15 20:43 | 日々雑感 | Comments(0)

4/15.sun_今日の1枚


a0152253_18505146.jpg
a0152253_18504986.jpg
BASE CAMPのIPA、キリッとしてて具合いいです。
ブリュワリーのブランディングとしては完璧。ボトルとかもいいよなー。



by tacomafuji | 2018-04-15 19:21 | Tshirt | Comments(0)

4/14.sat_アマゾンのくっきーのやつ最高ですよね


五木田ナイトの余韻冷めやらぬ土曜日。なんか肝を吸い取られたような気分。
この日は予定を入れず、前夜久しぶりに話した人たちとの会話を思い出しながら自宅で仕事と昼寝と獅子丸の無限ループ。





めちゃくちゃキレてて最高だけど、この人凄い頭良さそうだから
今の状況には相当危機感があるだろうなー。こんな出てちゃダメなんだろうな。



by tacomafuji | 2018-04-15 19:19 | 日々雑感 | Comments(0)

4/14.sat_今日の1枚


a0152253_18504731.jpg

今期の新しいボディ、俺はLサイズです。




by tacomafuji | 2018-04-15 18:51 | Tshirt | Comments(0)