人気ブログランキング |

JAM THE POWER CLASS designed by Matt Leinesのご案内

a0152253_14380498.jpg
a0152253_14380725.jpg
a0152253_14381132.jpg
a0152253_14381496.jpg
(モデルは170cmちょっとでMサイズを着用)

JAM THE POWER CLASS designed by Matt Leines

PRICE : 5,616 tax in

COLOR : BLACK

SIZE : XS〜XL


Matt Leines マット・レイナス

1980年生。ブルックリン在住、画家。

一度見たら忘れられないその独特な緻密で寓話的な世界観はワールドワイドな評価を得ている。

ビール党でもあり筋金入りのレスリングマニアとしても有名。


http://www.mattleines.com



MATT LEINES マット・レイナスがオリジナルで作成している名作、

JAM THE POWER CLASS Tシャツがタコマフジ別注のブラックで登場です。

個人的にここ数年着用していて、なんとも具合のよいこのアートワーク。マットの持つ独特の世界観とは

また少し違う、Tシャツのアートワークに特化したスタイルが素敵です。

今回の配色の為にマット自らアートワークに手を加えてくれたこのTシャツ、

クラックプリントがアートワークの持つ力強さをより一層引き立てています。

オリジナルのTシャツよりもより強度が増したのでは!と自負しています。


販売開始は4月19日金曜日から、タコマフジHP及び各地の取り扱い店にて

販売開始予定です。


是非宜しくお願い致します。





# by tacomafuji | 2019-04-09 14:43 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

Wet Paint designed by Hisham Akira Bharoochaのご案内


a0152253_21550284.jpg
a0152253_21550698.jpg
a0152253_21551052.jpg
a0152253_21551384.jpg
a0152253_21553988.jpg
a0152253_21554444.jpg
a0152253_21554934.jpg
a0152253_21560731.jpg
(モデルは170cm弱でMサイズ着用)

Wet Paint designed by Hisham Akira Bharoocha

PRICE : 6,264 tax in

COLOR : ICE GRAY / WHITE

SIZE : XS〜XL


Hisham Akira Bharoocha ヒシャム・アキラ・バルーチャ

1976年、新潟生まれ。

日本人の母とビルマ人の父を持ち、幼い頃から家族とともに東京、トロント、ロサンゼルス、サンディエゴと、様々な街に移り住み、現在はニューヨークを拠点に活動する。1998年ロードアイランド・スクール・オブ・デザインを卒業後、ビジュアルアート、デザイン、ファッション、写真など様々なフィールドをクロスオーバーする作品は、インスタレーションからペインティング、コラージュ、写真と多岐にわたる。また、ノイズロックのBlack DicePixeltanの元メンバーでもあり、その後Soft Circleという名でソロ活動。Boredoms77BOADRUMのプロディユーサー兼ディレクターを務め、彼らと8年にも及ぶツアー後Kill Altersを結成。現在はYOKUBARIというソロ名義での活動も行う。

www.hishamakirabharoocha.com




獣が掴む自然のDNA、アンドロイドが抜き出すと、そこに具現化されたのはWet Paintのビルボードとアヒルが。。。そんな様子を冷淡に見つめる人類と、その背後により大きな存在、自然を象徴するアリゲーターが木の陰から状況を見ている。そんな状況を、ごく身近に感じる人形が奇妙な「林の後ろを見て」という手紙を読んでいる。シュールレアリズムとサイケデリックビジョンが交錯する怪作に仕上がった問題作。



販売開始は4月19日金曜日から、タコマフジHP及び各地の取り扱い店にて

販売開始予定です。


是非宜しくお願い致します。




# by tacomafuji | 2019-04-08 22:13 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

TACOMA FUJI RECORDS (embroidery ver.) のご案内


a0152253_16343695.jpg
a0152253_16344614.jpg
a0152253_16345496.jpg
a0152253_16345912.jpg
(モデルは170cmちょっと、Mサイズを着用)

TACOMA FUJI RECORDS (embroidery ver.)

PRICE : 6,264 tax in

COLOR : WHITE

SIZE : S〜XL


かなり前からアイデアとしてはあったのだけど、思い切って今夏のタイミングから

販売します、ロゴだけ刺繍バージョンTシャツ。あまりグラフィックが全面に

引き立っているものが得意ではない方やすっきりしたTシャツが好き方

(タコマ着る人にそんな人がいるのか分からないけど)なんかにも是非。

まずはスタンダードにホワイトボディx黒刺繍からスタートです。


販売開始は4月19日金曜日から、タコマフジHP及び各地の取り扱い店にて

販売開始予定です。


是非宜しくお願い致します。




# by tacomafuji | 2019-04-08 16:58 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

蛸間富士黒円盤 designed by Ken Kagamiのご案内


a0152253_15591555.jpg
a0152253_15591912.jpg
a0152253_15593478.jpg

a0152253_15593924.jpg
(モデルは170cmちょっと、Mサイズを着用)

蛸間富士黒円盤 designed by Ken Kagami

PRICE : 6,264 tax in

COLOR : BLACK

SIZE : S〜XL


Ken Kagami (加賀美健)


1974年 東京生まれ。現代美術作家。

国内外の美術展に多数参加、日常で起こる出来事をジョーク的発想に変えて

美術作品として発表している。

アパレルブランドとのコラボレーションも多数行っている。

2010年には自身のグッズ、古着を扱うお店ストレンジストアを代官山にオープン

http://kenkagamiart.blogspot.jp/


昨年のタコマ姉さんに続く今夏の加賀美さんの新作は、黒円盤蛸間富士!

レコーズを黒円盤、タコマを蛸間に変換する思考回路が俺には全くなかったので

非常に新鮮でいい意味でのひっかかり、違和感がこのTシャツの本質だと思います。

ここ数年活躍の場を広げ、オーバーグラウンドのシーンでもその活躍を目にする機会が

激増した加賀美さん。記憶が確かならば最後に会ったのは並木橋の交差点で加賀美さんが

お子さんと自転車に乗ってる時だった。優しくて普通で普通じゃない同じ年の

彼の活躍はとても興味深いです。そしてその加賀美さんが手がけてくれたタコマの

Tシャツを鵜飼さんが着ているのも、なんとも感慨深いものがあります。


販売開始は4月19日金曜日から、タコマフジHP及び各地の取り扱い店にて

販売開始予定です。


是非宜しくお願い致します。




# by tacomafuji | 2019-04-08 16:31 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

DAMAGED AREA designed by LUNGのご案内

a0152253_14490964.jpg
a0152253_14491367.jpg
a0152253_14492054.jpg
a0152253_14492464.jpg
a0152253_14492928.jpg
a0152253_14542262.jpg
a0152253_14494298.jpg
a0152253_14533719.jpg
a0152253_14494604.jpg
a0152253_14495075.jpg
(モデルは170cmちょっとでMサイズ着用)

DAMAGED AREA designed by LUNG

PRICE : 5,616 tax in

COLOR : BLACK / WHITE

SIZE : XS〜XL


LUNG ラング

ロンドン在住のアーティスト。

音楽や映像、テレビ番組までと活動の発露は多岐に渡り、

現在はその中心は絵画や彫刻とされている。

Crumbhorn Plazaと呼ばれる彼のスタジオでは、創作活動時のためだけに制作される

ハンドメイドのサウンドトラックやミックステープが存在するという。

最近はNWOBR(The New Wave Of British Rambling)の創設メンバーの1人として、

タコマフジをその東京チャプターとした。



クリス a.k.a LUNGがデザインを提供してれた今期のTシャツ第2弾。

SKIPPING OVER DAMAGED AREAとは何とも嬉しい言葉です。

どこにも属さず、群れず媚びず、実は昨年10周年だったりしたのだけど

続けてやってきたらなんとなく居場所ができてきたような気がします。

いや、そんな事ないのかな。。。まぁいいや。

胸に1ポイント+バックプリントは夏に気持ちのいいレイアウトだと思います。

ホワイトとブラックの2色展開で、少しベタ面が多いのでインクは薄めで

着やすいようにチューニング。夏が本当に待ち遠しい1枚となっています。


販売開始は4月19日金曜日から、タコマフジHP及び各地の取り扱い店にて

販売開始予定です。


宜しくお願い致します。





# by tacomafuji | 2019-04-08 15:20 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

TACOMA FUJI COLLEGE LOGO ’19 designed by Shuntaro Watanabeのご案内


a0152253_14225813.jpg
a0152253_14230290.jpg
a0152253_14230639.jpg
a0152253_14231041.jpg
(着用モデルは170cmちょっとでMサイズを着用)

TACOMA FUJI COLLEGE LOGO ’19 designed by Shuntaro Watanabe

PRICE : 6,264 tax in

COLOR : HEATHER GRAY

SIZE : XS〜XL


Shuntaro Watanabe (渡辺俊太郎 BLUE BIRD d.)

1976年、福島県生。アートディレクター。

ビクターエンタテインメントを経て独立。

近年の代表作は桑田佳祐、星野源、SOIL&”PIMP”SESSIONS等のCDジャケット他。


http://bluebird-d.com


ここ何年か、全く流行る気配は見えないのだけどカレッジフォントがとてもしっくりきています。

古着の行ったことのない大学のスウェットよりも、ゼロから作った愛着のモテるTシャツです。

昨年もリリースしたブランド名を冠したカレッジプリントTシャツ、2019バージョンの

カレッジフォントはアーチ状にすっきりと1段にまとめ、配色はヘザーグレイボディに

青味の強いネイビープリントになりました。より一層アスレチック感強めのデザインです。

流行りもへったくれもない、古いのか新しいのかもよく分からないのは

ファッションとカルチャーの境目を渡り歩くタコマフジのブランドとしての矜持です。

ロゴTシャツ同様、ずっと続けて行きたいTシャツです。


販売は4月19日金曜日から、タコマフジHP及び全国の取り扱い店にて。


どうぞよろしくお願いいたします。




# by tacomafuji | 2019-04-08 14:42 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

LOUD designed by Hiroshi Iguchiのご案内


a0152253_12595909.jpg
a0152253_13000306.jpg
a0152253_13000695.jpg
a0152253_13001090.jpg
a0152253_13001384.jpg
a0152253_13001832.jpg
a0152253_13002135.jpg
a0152253_13002580.jpg
a0152253_13002864.jpg
a0152253_13003115.jpg
(着用モデルは170cmちょっとでMサイズを着用)

LOUD designed by Hiroshi Iguchi

PRICE : 5,616 tax in

COLOR : BLACK / WHITE

SIZE : XS〜XL


LOUD (ラウド)

タコマフジレコード10周年の記念式典に向けて結成されたマーチングバンドのキャラクター。

主にダンジョン・ファミリーやゼイトーヴェンなど、

アトランタのプロデューサーによる楽曲をレパートリーとする。


Hiroshi Iguchi (井口弘史)

1973年生まれ グラフィックデザイナー。

作品集として『CULT JAM』(BARTS)、『BIG VALUE DUB』(Innen)をリリース。


SOFT TOOL以来の井口さんタコマフジ登場は、マーチングバンドLOUDと共に。

ベイビータコマがスーザフォンを演奏する姿はユーモラス。

トライデント(三又槍)の代わりに楽器を手にするその姿は道徳的な訓示を示唆

しているようでもあります。井口さんの画力の伴う太いグラフィックが大好きなので

SOFT TOOLやPORNERD SKYNYRDともまた少し趣の違うロゴモチーフのデザインは

個人的にとても感慨深いものです。このTシャツの着用モデルを鵜飼さんにしてもらってる

というのも、なんとも味わい深いのです(今でこそ親しくしているけど、

五木田さん、鵜飼さん、井口さんは20代の頃の憧れのパイセンです)


販売開始は4月19日金曜日から、タコマフジHP及び各地の取り扱い店にて。


どうぞ宜しくお願い致します。





# by tacomafuji | 2019-04-08 13:47 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

ACID FUJI designed by LUNGのご紹介


a0152253_12303062.jpg
a0152253_12303422.jpg
a0152253_12303950.jpg
a0152253_12304997.jpg
a0152253_12305443.jpg
a0152253_12305790.jpg
(モデルは170cmちょっとでMサイズ着用)

ACID FUJI designed by LUNG

PRICE : 5,616 tax in

COLOR : BLACK / WHITE

SIZE : XS〜XL


LUNG ラング

ロンドン在住のアーティスト。

音楽や映像、テレビ番組までと活動の発露は多岐に渡り、

現在はその中心は絵画や彫刻とされている。

Crumbhorn Plazaと呼ばれる彼のスタジオでは、創作活動時のためだけに制作される

ハンドメイドのサウンドトラックやミックステープが存在するという。

最近はNWOBR(The New Wave Of British Rambling)の創設メンバーの1人として、

タコマフジをその東京チャプターとした。


井口弘史さんの紹介で数年前から知っていて、五木田さんとも古い友人だったりする

LUNGは東京にも頻繁にやってくるアーティスト。少しシニカルでちょっとシャイで、

メチャクチャ酒飲みでいい奴。そんな印象なんだけど表現者としての実績はまぁビックリで

先日ロンドンに行った際にも久々に会ったのだけど仕事の話を聞いたら

「君そんな大きな仕事してんのか!」と聞き返してしまった。


昨年の段階で今年のタコマフジでのTシャツアートワークを依頼すると、

大量のドローイングとデザインを描きあげてくれたのだけど、これはその中でも

タコマロゴを用いた1枚。思わず、嗚呼、この手があったのか!と妙に納得してしまったし

大ネタっぷりがなんともLUNGっぽいなーとも思いました。

タコマロゴとピースマークのマッシュアップ、シンプルで太い普遍性のあるグラフィックなので

特に気に入っている1枚です。


販売開始は4月19日金曜日から、タコマフジHP及び各地の取り扱い店にて

販売開始予定です。


宜しくお願い致します。





# by tacomafuji | 2019-04-08 12:57 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

TACOMA FUJI RECORDS LOGO ’19






a0152253_11253892.jpg
a0152253_11254234.jpg
a0152253_11254660.jpg
a0152253_11255634.jpg
(モデルは170cmちょっとでMサイズ着用)


TACOMA FUJI RECORDS LOGO ’19

PRICE : 5,616 tax in

COLOR : BLACK

SIZE : XS〜XL


今日から少しづつ今夏の新作Tシャツの紹介をブログとSNSでしていきたいと思います。

まず最初に紹介するのは定番ロゴTシャツの2019バージョン。

今期バージョンのロゴTシャツは5年ぶりにブラックxホワイトが復活します。

前回との大きな違いはプリント仕様。2019バージョンはクラックプリントを採用しています。

このプリント、好みにもよるのですが、タコマのクラックプリントは比較的細かいクラックが

入るインクを仕様しているのでクラックの入り方も自然なものとなっています。

過去にもHALLELUJAH FOR BEERやCOW ABDUCTION等で採用したこのプリント、

ブラックボディxホワイトプリントにベストマッチなのではと自負しています。


販売開始は4月19日金曜日から、タコマフジHP及び各地の取り扱い店にて

販売開始予定です。


どうぞよろしくお願いいたします。





TACOMA FUJI RECORDS / Lodge ALASKATwitter Account : TACOMAFUJIO

# by tacomafuji | 2019-04-08 12:29 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

TACOMA FUJI RECORDS 2019


a0152253_14333001.jpg
そろそろTシャツで出かけたい。



# by tacomafuji | 2019-04-05 14:34 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)