人気ブログランキング |

THE WORKHORSE EMBLEM CAP & THE WORKHORSE LOGO CAPのご案内



DANNER x TACOMA FUJI RECORDS "THE WORKHORSE"の

カプセクコレクションの一環としてキャップを2種、リリース致します。

(ちなみにカプセルコレクションという言葉、昨晩深夜ベッドで横になりながらiPhoneで

ネットサーフをしていて知りました。日々勉強です。)



a0152253_11154685.jpg
a0152253_11155342.jpg
a0152253_11155714.jpg
a0152253_11160179.jpg

THE WORKHORSE EMBLEM CAP

designed by LETTERBOY

COLOR : BLUE

SIZE : FREE

PRICE : 6,000+TAX

薄手の軽いウール素材にLETTERBOYによる強度の高いカリグラフィーが

刺繍で再現されたこのキャップ。WはWORKHORSEのW。

ワタナベのWではないのでご心配なく。まぁどう解釈してもらってもいいのだけど。

今まであまり作ってこなかった、シンプルに被りやすいすっきりした仕上がりです。



a0152253_11160799.jpg

a0152253_11161120.jpg
a0152253_11161687.jpg
a0152253_11162069.jpg

THE WORKHORSE LOGO CAP designed by Jerry UKAI

COLOR : BURGUNDY

SIZE : FREE

PRICE : 6,000+TAX


コーデュロイにゴールド刺繍が映えるアメカジ志向高めなWORKHORSEロゴキャップ。

やっぱりロゴ物が大好物なのでこのあたりは鉄板でつくってしまいます。


Tシャツとキャップ。このあたりはTシャツレーベルであるタコマフジが関わる

カプセルコレクションならば避けては通れない定番アイテム。どちらもいい具合にできたと自負しています。


販売は4月20日土曜日から。

是非宜しくお願い致します。




# by tacomafuji | 2019-03-31 11:46 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

THE WORKHORSE LOGO & KNOW YOUR MOUNTAIN TEEのご案内


DANNER x TACOMA FUJI RECORDSのTHE WORKHORSEリリースを記念して

いくつかニューアイテムをリリースします。まず最初に紹介するのは

Tシャツレーベルですからね、勿論Tシャツです。


a0152253_22243010.jpg
a0152253_22244124.jpg
a0152253_22244517.jpg
a0152253_22244995.jpg
a0152253_22245303.jpg
a0152253_22245784.jpg
a0152253_22250171.jpg
a0152253_22250632.jpg


THE WORKHORSE LOGO designed by Jerry UKAI

COLOR : BLACK / WHITE

SIZE : XS〜XL

PRICE : 5,200+TAX

胸に1ポイントロゴをあしらい、バックプリントには前身バンド、KNOW YOUR MOUNTAINのネームがプリントされています。


a0152253_22492084.jpg
a0152253_22492468.jpg
a0152253_22492844.jpg
a0152253_22493188.jpg
a0152253_22493582.jpg
a0152253_22493999.jpg


KNOW YOUR MOUNTAIN designed by Jerry UKAI

COLOR : BLACK / WHITE

SIZE : XS〜XL

PRICE : 5,200+TAX

THE WORKHORSEの前身バンド、KNOW YOUR MOUNTAIN名義のTシャツです。


このラインのTシャツは意図して極力シンプルに仕上げています。

なんだかそんな雰囲気なんです。

どうぞ宜しくお願いします。






# by tacomafuji | 2019-03-30 23:00 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

DANNER x TACOMA FUJI RECORDS “THE WORKHORSE”

a0152253_20511969.jpg
a0152253_20512207.jpg

DANNER x TACOMA FUJI RECORDS “THE WORKHORSE”

PRICE : 29,000+TAX

SIZE : 25cm29cm


THE WORKHORSE

by TACOMA FUJI RECORDS


ポートランド近郊、タイガード出身のElliot Wescottは結婚を機に妻の故郷東京に移住、ヘヴィブルースバンド”KNOW YOUR MOUNTAIN (KYM)”の元メンバーだが、音楽活動からは距離を置きデザイナーとして生計を立てていた。2013年、休暇中に訪れた高尾山にて観光で来日していた元KYMDoug Ellingtonと偶然の再会を果たす。これを機に元メンバーと再び連絡を取り合うようになり、音楽ファイルを介しての楽曲制作を再開したと言われている。学生時代、アウトドアストアの店員や常連客で結成、20代前半の若者達が奏でる、その年齢と容姿からは想像できない楽曲が話題となっていたKYM2013年当時、30代となった元メンバーは東京、ポートランド、シカゴに在住し、デザイナー、靴職人、コーヒーロースター、バイクメカニック、主婦とそれぞれ別々の道を歩んでいた。2015年、バンド名を"THE WORKHORSE”として正式に活動を再開。バンド名はKYMのヒット曲”THE WORKHORSE”に由来する。活動再開後の音楽性は以前とは異なり、コーラスワークを基調とした浮遊感のあるサイケデリックな世界観が特徴。ライブ活動はポートランドと東京での夏季数回のみに限定されるものの、音源のリリースは活発に行っている。”Dogtooth RIdge(2016)””Mt.Tengu(2017)””Silver Falls(2018)”は必要最小限の機材を用いて各地でライブレコーディングされた3部作として評価が高い。毎夏のみ集まり、それ以外はそれぞれ別の仕事に従事しているのが心地よい距離感だ、とメンバーは口を揃える。ライブ出演時には皆ダナーのブーツを履いている事でも知られているが、結成のきっかけとなったアウトドアストアでお揃いのダナーブーツを購入した事に起因しているとされている (前述の”Dogtooth Ridge”に収録されている” Go Deer Diner with My Danner”で歌われている、遊びに行ったらみんなお揃いのダナーを履いていて恥ずかしかった、というエピソードは有名)。今回販売されるブーツは”Mt.Tengu”リリース時に作成、東京でのみ販売されたマーチャンダイズや関係者用に作成された”THE WORKHORSE exclusive(通称チョコミント)の復刻版。メンバーのブーツに焼印されたバンド名が型押しで再現されている。

*このストーリーはフィクションです。


2年前のSAUCONYのスニーカーに続いて、久しぶりにタコマ名義を冠したシューズをこの度リリースする事になりました。

母校PORTLAND STATE UNIVERSIRYのある町、ポートランドにヘッドクォーターを構えるダナーブランドのニューライン、

DANNER FIELDをベースにしたTHE WORKHORSEです。


a0152253_20520286.jpg

a0152253_20521962.jpg

通常は外側に配置されるダナーロゴが内側に、外側にはJERRY鵜飼デザインのTHE WORKHORSEロゴが
配置されています。我ながらウットリするくらいいい具合。

a0152253_20523281.jpg

原産国を含めた生産体制を調整する事によって衝撃的な価格を実現していますが、
ダナーブランドが満を持して展開しているこのライン、勿論信頼のゴアテックス搭載。

a0152253_20525972.jpg

パッと見た印象で一番印象的なのはその「チョコミント」とスタッフ間で呼ばれるカラーリングと
サイドパネルの切り返し。アウトサイドとインサイドでレザーが切り返しているのでその風合いの変化も楽しみ。

a0152253_20540735.jpg

どうせならガツンと入れちゃうか!と思った勢いのままベロに刻印したタコマロゴ。
安心してください、普通に履いている時は全然目立ちません。

a0152253_20543720.jpg

DANNER FIELDの特徴の1つにはインソールが標準搭載されている点。
ここにもWORKHORSEロゴとタコマロゴをレイアウト。
シューレースはサイドパネルと同色のターコイズブルーとレッドの2色を標準装備です。


WORKHORSEはシンプルに訳すとその意味は「労働者」。
ちょっとご無沙汰していたアメカジへの原点回帰への想い、様々な仕事に携わる多くの人に履いてもらえたら。
自分なりにそんなテーマを込めたテキストをベースに製作しました。
しっかりとメンテナンスはした方がいいけど、タフにガンガン使って欲しいと思います。

販売は4月20日から。
タコマフジHPと取扱店各店舗にて販売致します。
4月19日には原宿のビームスTにて先行販売予定です。

Dannerスタッフの方々、ロゴをデザインしてくれた鵜飼さん、関わってくれた方々に感謝です。
是非、宜しくお願いします。



# by tacomafuji | 2019-03-30 21:52 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

TG MDC LDN Tシャツ販売のお知らせ


a0152253_12053880.jpg
a0152253_12054108.jpg
a0152253_12054495.jpg

TG MDC LDN designed by Tomoo Gokita

Color : BLACK
Size : S 〜 XL
Price : 5,200+tax

なんだかんだですっかりブログはご無沙汰ですがバッチリ活動しております。
ある意味広報活動ですからね、しっかりアクティブな状態にしておかなければ。。。反省。

という事で、東京は急に春っぽい気候になった本日は新作Tシャツの登場です。
先日オープニングパーティにもお邪魔させて頂いた、LONDONのMASSIMO DE CARLO GALLERYにて
4月13日まで絶賛開催中の五木田さんの個展を記念してTシャツを作成しました。
現地でも想像以上に大好評だったこのTシャツ、若干数タコマHPにて販売することになりました。
販売は3月23日土曜日20時から。五木田さん本人デザインのこのTシャツ。
ちょっとFAKE CEZANNEっぽいというか、シンプルに五木田さんが今着たいものに
限りなく近いテンションがこんなアートワークなんだろうな、と個人的な雑感。

どうぞ宜しくお願いします。





# by tacomafuji | 2019-03-22 12:13 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

DRIVE SPECIAL SET(仮)

a0152253_22283623.jpg

DRIVE SPECIAL SET(仮)
予価:9,200+消費税

ギリギリ間に合ってよかった。。。
DRIVE展で展開するアイテムでは最後に紹介するのがこのスペシャルパッケージ。
ズバリ言って最高です。

a0152253_22303475.jpg
The Moving Landscape -SOUNDTRACK for DRIVE-
DRIVE展の為に作成した、ドライブしたくなる、ドライブが楽しくなるサウンドトラック。
音源はなんとSPECIAL OTHERS。
オリジナルアルバムの全てのデザインを手がけるタコマフジ&ジェリー鵜飼のオファーを快諾
マジで太っ腹だぜスペアザ!(ホントありがとう)
既にベスト盤もリリースしている彼らの音源なので、好きな曲をずらっと並べるのではなく
心象風景が広がる音源をコンパイルしました。頭をひねってざっくり選曲したあと、鵜飼さんに
パスすると、実はメチャクチャハードな選曲という作業に鵜飼さんからまさかの泣き!w
最終的に年末の山口遠征の往復とホテルで15時間くらい延々と選曲し続けたのはいい思い出。
終わってみれば俺も鵜飼さんも納得の仕上がりになりました。
意外に知られていない、アナログでのみ流通していたSaudadeのKI remixはなんと今回初のデジタル音源化。
タイトルのThe Moving Landscapeは車窓から流れ行く風景の事です。
早朝でも深夜でも、渋滞でも街中でも、全シチュエーション対応だと自負しています。

a0152253_22304370.jpg

車と言ったら真っ先に思い浮かぶ、定番のエアフレッシュナーもDRIVE展仕様でコンパイル。

a0152253_22282665.jpg

車の鍵にはキーホルダー。
この辺りは確実なところ、シンプルなDRIVE展の図案がバッチリはまるなー。
a0152253_22282254.jpg

屋外用の耐水ステッカーは車の後ろにペタペタ貼ってほしい。
a0152253_22281770.jpg

意外にこれがいいんだよ!と鵜飼さんの言っていたポストカード。
紙の質感もいい具合。
a0152253_22280880.jpg
a0152253_22281435.jpg

絵本のような、ローファイなZINEまで!

a0152253_22280361.jpg

俺なんかは落っこちるのも気にせず車に貼っちゃいますが、
それはちょっと。。。という方は冷蔵庫にペタッといって欲しいマグネット。

ステッカー派の俺も、マグネット派の鵜飼さんも納得のこのスペシャルパッケージ。

こちらも販売は1月21日(月)から代官山蔦屋書店にて開始いたします。


当日早朝は徹夜明けの俺と鵜飼さんも会場にいるかも。

会期はかなり長いので、商品の動き次第では追加アイテムもあるのか?どうなのか?

という事で、年明け早々お騒がせしてしまい恐縮ですが宜しくお願い致します。


*イベント前のお問い合わせはご遠慮下さい。

*商品の取り置きは対応いたしかねます。





# by tacomafuji | 2019-01-17 22:59 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

MEGANE ROCK x DRIVE SUNGLASS



a0152253_22084214.jpg
a0152253_22085047.jpg
a0152253_22085889.jpg


いよいよ週明け月曜日21日に迫ったDRIVE展、滑り込みでインパクト大なサングラスのご紹介です。
鯖江を拠点に製造の全行程をデザイナー兼クラフトマンの代表雨田氏が手がける人気ブランド、MEGANE ROCK。
実はあの人もあの人も愛用しているって話は聞いていましたが、鵜飼さんが愛用している事がご縁で
DRIVE展のアイコンをが入ったスペシャル仕様のサングラスを限定数用意して頂きました(感謝!)
限定数でのは販売となります。売り切れ御免でよろしくお願い致します。

予価:32,000+消費税

販売は1月21日(月)から、代官山蔦屋書店にて。

宜しくお願い致します。


*イベント前のお問い合わせはご遠慮下さい。

*商品の取り置きは対応いたしかねます。




# by tacomafuji | 2019-01-17 22:24 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

DRIVE展によせて


そうか、鵜飼さんにはちゃんとプリウス愛があるだな。
そんな事をぼんやり考えながら、自分の愛車遍歴を少し遡ってみた。少し遡ってみてわかったのだけど、
俺は車をこれまで5台しか所有した事がなかった。なんかもっと持ってた気がするけど、趣味ではなく
完全に移動手段に特化して乗っているのだからこんなものなんだろう。

最初に自分の車を買ったのは19才、1994年くらいで
タコマに住んでいた頃だ。
それまではバージニアやDCで地下鉄で移動していたものの、西海岸は車社会。当然車がないと何かと不便だ。
現地で不安を覚えるほど簡単なテストを受けて免許を取得して、その日に中古車屋で買った人生最初の車がこれ。

a0152253_21453810.jpg
JEEP COMANCHE 1989

一目惚れで買ったその日にタコマからポートランドまでドライブに行ったなー、無茶でバカだった。
乗りやすいし燃費なんて気にしない頃だったし、何よりもかっこよかった。でも半年くらいで手放した気がする。
理由?真夏のマウントレーニア(ご存知タコマフジ)で2回スリップ事故を起こしたからです。
ちなみにどちらの時も誰もいない無人の道路の残雪にスリップしただけで大事ではなかったのだけど
車の向きが変わっちゃうくらい大きくスリップしたのと、どちらの時もカンザスの全く同じ曲を聞いていたので
コマンチェとカンザスは俺の中で封印された歴史です。でも本当にいい車だなー今見ても。
全然故障もしなかったし、エアコンもガンガン効いた。
当時よりも今の自分の方がコマンチェは好きかもしれない。


あまりよくない思い出の曲。

それでもやっぱり車は必要な生活をしていたわけで、代わりの車はどうしても必要。
当時はシビックとかアコードあたりの日本車が大人気で、価格もいい値段していた気がする。
ただ、どうせ日本に住むようになったら国産車を乗る機会もあるだろう、だったらあんまり馴染みのない
車に乗ってみるか、というTシャツ買っちゃおうかなくらいのカジュアルなノリで、当時住んでいた
コンドミニアムから歩いていける中古車屋で買ったのがこちら。

a0152253_21453453.jpg
SAAB 900S 3door 1988

 1995年、21くらいの頃か。
ぱっと見の可愛さに一目惚れで乗り始めたこの車は1年以上は乗っていた気がします。
サイドミラーが力ずくで開いちゃったり、運転中にキーを抜いても普通に走ってたり、
縦列駐車の時にはバンバン前後の車にぶつけまくってたりしたけど(当時周りにいたアメリカ人が
みんなやっていたのを見てかっこいいと思って真似してて、東京でそれをやったら喧嘩になりかけた)
それでもおつりがくるくらい愛着の湧く車だった。シートヒーターも気持ちよかったなー。
確かこの車でウィスラーまでスノボに行ったはず。無茶で馬鹿は若者の特権。
そんなこの車も、運転中にハンドルの根元あたりから冗談みたいに煙を吹き始めるという
命の危険を感じるダイナミックなアクシデントがきっかけで廃車になってしまった。
自分の中でSAABはいい車って印象と同時にボロいし壊れる、というネガティブな印象も残ってるのも事実です。

この頃東京は古着が大ブーム。
当時はバイヤーの真似事みたいな事もしていたので、一時的に滅茶苦茶バブっていた事もあり
次の車は安価な大衆車ながら新車を買う事になります。遊びにやってきた親が突然車がピカピカの新車だったので
「おい、お前正直に言えよ、ドラッグとか売ったりしてないよな?」と真顔で聞かれるきっかけになったのがこちら。

a0152253_21452864.jpg
FORD ESCORD STATION WAGON 1995

この車はよく走ったなー。タコマからポートランドへもこの車で引っ越ししたし、
確かLAにも2回くらいこの車で行っているはず。95年末くらいから98年3月まで、
恐ろしい距離を走り倒した。どこまででも行ける気がしたな、この車は。
今まで乗った車の中でも、もしかしたら一番優秀な車だったかもしれない。
大学卒業と共に、泣く泣く手放した思い出の車です。

98年から働き始めるわけですが、次の車を所有するのは2007年。
実にエスコートから9年後で、その間はほぼ車を運転する事はなかった。理由は単純。
必要なかったからだ。仕事が忙しいので車に乗る暇もないし、そうなると東京での
車の維持費は無駄以外の何ものでもなかった。そんな最中、「これかっこいいな!」
という車に乗っていた先輩が俺同様、持ってても乗らないからという理由でその車を手放す事に。
「下取り金額と同じ値段で売ってあげるよ」と約束していたある日、下取り金額を伝える1本の電話が。。。
翌日、神宮外苑で現金を渡し、メデタく久々のマイカーになったのがこちら。

a0152253_21453257.jpg
JEEP Cherokee 1995

この車はよかったなー、最高だったな。
うるさい、燃費悪い、小回りきかない、車内は見た目ほどは広くない。それでいて所有した当時は
まだまだ都内でもゴロゴロ走っていた。でもよかった。ちょっとノロマでトボけた大型犬のようで
愛らしい車だった。キャンプとロケハンに大活躍してくれたなこいつは。
最終的に車検とエアコンの修理とタイヤ交換が一斉にやってきて、購入価格の10倍(!)も
コストがかかる事が判明、泣く泣く廃車。
でも経済的な状況が許せばまたいつか乗りたいな、チェロキーは。

この後は今も乗っている現在の車に至るわけですが、こうやってみると車に何を求めているのかが
なんとなく見えてくる。それはやっぱり具合のよさなんだと思う。
ちょっとデカくて、積載量があって居心地のいい車。排気量みたいなスペックや最近の国が
競っている機能性や快適さ(居心地のよさとは違う)あたりは全無視しきっているのが我ながら気持ちいい。

最近車の事を考えると事が多い。

車いいよね。




# by tacomafuji | 2019-01-14 22:44 | 日々雑感 | Comments(0)

DRIVE Jacquard Cotton Sweater


a0152253_15110954.jpg
a0152253_15112767.jpg
a0152253_15112143.jpg
a0152253_15112994.jpg
a0152253_15114187.jpg
a0152253_15114788.jpg
a0152253_15114540.jpg
a0152253_15115102.jpg

DRIVE Jacquard Cotton Sweater

COLOR : GRAY / NAVY

PRICE : 19,500+消費税(予価)

SIZE : S〜L

S(着丈62cm 袖丈59cm 身幅48cm)

M(着丈65cm 袖丈60cm 身幅50cm)

L(着丈67cm 袖丈62.5cm 身幅54.5cm)


DRIVE展のためにゼロから作成されたタコマフジによるオリジナルニットセーター。

「ニットだよなべちゃん、ニット作ろう」という鵜飼さんからのリクエストに対し、日頃お世話になっている

実はかなり豪華なタコマフジ生産背景陣のパファーマンスがバッチリ発揮されたこのニット。

ウォッシュ済みのコットン素材なので着心地最高&取り扱い容易なこのニットはスウェット感覚で着れます。

サイズ感も短納期ながら試作に試作を重ねた力作です。


a0152253_15160486.jpg

文系バージョンのジェリー鵜飼(左)はMサイズ着用、右側の俺はLサイズ着用です。

販売は1月21日(月)から、代官山蔦屋書店にて。

宜しくお願い致します。


*イベント前のお問い合わせはご遠慮下さい。

*商品の取り置きは対応いたしかねます。




# by tacomafuji | 2019-01-13 15:26 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

DRIVE TEE & CAP


a0152253_14302639.jpg
a0152253_14314591.jpg
a0152253_14294788.jpg
a0152253_14302266.jpg
a0152253_14345845.jpg
a0152253_14350140.jpg
a0152253_14350492.jpg
a0152253_14350633.jpg
a0152253_14351046.jpg
a0152253_14351424.jpg

DRIVE ORIGINAL LOGO TEE

COLOR : BLACK / HEATHER GRAY

PRICE : 5,800+消費税(予価)

M(着丈65cm 袖丈19cm 身幅52cm)

L(着丈68cm 袖丈20cm 身幅56cm)

XL(着丈71cm 袖丈21cm 身幅60cm)



DRIVE ORIGINAL CAP

COLOR : NAVY, BURGUNDY (CORDUROY) / GRAY, BROWN (WOOL)

FREE SIZE

PRICE:5,500+消費税(予価)


DRIVE展限定販売用のTシャツとキャップを作成しました。

Tシャツはタコマフジのバインダーネック仕様ボディのブラックとヘザーグレイを採用。

ブラックはM、L、XL、ヘザーぐらいはM、Lの展開となります。

昨年から引き続き、ワンポイント刺繍のTシャツが自分的にビンビン来ています。

キャップはNEW HATTANNボディで4カラー展開。

コーデュロイはネイビーとバーガンディ、ウールはグレイとブラウンとなります。

どちらも数量はそんなに多くは作成していないので、気になる方は是非代官山蔦屋までお越しください。

販売は1月21日(月)から、宜しくお願い致します。


*イベント前のお問い合わせはご遠慮下さい。

*商品の取り置きは対応いたしかねます。




# by tacomafuji | 2019-01-13 14:51 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)

DRIVE Jacquard Cotton Wooven Blanket


a0152253_13481423.jpg
a0152253_13481921.jpg
a0152253_13482284.jpg

DRIVE Jacquard Cotton Wooven Blanket

PRICE : 30,000+消費税(予価)


オーダーメイドで作成した、DRIVEのアートワークが編み込まれたUSメイドのコットンジャガードブランケットです。

ごく少数のみ作成していますが、状況次第では受注生産にするか現状ある在庫のみにするかを決めようかと思います。

サイズは1枚目の写真で僕と鵜飼さんが持っている状態のものでご確認下さい。


販売は1月21日(月)から代官山蔦屋書店にて。

宜しくお願い致します。


*イベント前のお問い合わせはご遠慮下さい。

*商品の取り置きは対応いたしかねます。




# by tacomafuji | 2019-01-13 14:00 | TACOMA FUJI RECORDS | Comments(0)